teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(314)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


そーでしたか(ΦωΦ)b

 投稿者:DORA  投稿日:2020年 8月 3日(月)15時09分32秒
返信・引用
  >“医者のお墨付きだから病人になれる”←これは甘えデス。

これはもう仰るとおりで、、、
とにかく元気で安心しましたよぉ~ (ΦωΦ)b


http://6602.teacup.com/knife3/bbs

 
 

あれまっ!DORAやん。

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 8月 3日(月)07時19分51秒
返信・引用
  気づかなくてすんまへん…

肺炎で大袈裟に騒いだのは医者と看護師と我が妻の3名のみで、私本人は何があってもヘッチャラポン!(私は経験上熱中症と分かっていたが医者は「肺炎ゆえ入院せにゃならん」と言い張った)。3日ほど病人を装って休んでいたが、4日めから畑仕事に精を出し、日常と変わらぬ暮らしぶりのままコンニチに至っておりやす。

“医者のお墨付きだから病人になれる”←これは甘えデス。

働き続けて死ぬまで現役なら明日逝っても良し。

ひと其々でしょうが、
 人々へのメーワクなど気にして言いなりになっていたら、
  やりたいことも出来ないし、安らかに死ねまへぬ…


 DORAやんも神に置かれた場所で奮起してくだされ。○
 

♪よもにそびゆる山々は~

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 8月 3日(月)06時47分9秒
返信・引用
  御岳・乗鞍・駒ケ岳…

信濃の歌であります。
貧農村から四方を見渡しますと、山山山…
曇った雨空の時は残念ながら見えませぬが、当然のことながら誰しもがそこに山があることを知っており、《晴れたら山に登ろうか》てなふうに思うワケです。私なんざ、行ってもポイ捨てのゴミ拾いに終始するんすが、これがまた四方八方にドッサリコン…;


そうなんす。
悲壮感漂う雨空の下で山自体は見えなくても、その山はドンッと動かずに存在し、忘れた頃に噴火する。 信仰も同じで、初心者は時々疑いを抱き不安になって『神なんか存在しないkamo進化論が正しいのkamo バカヨナめチンボを洗って出直して来やがれ』等と思ってつい偉そうに学者ぶり、地元の人からの失笑を買うのです。理屈じゃニャーよ、わしら長年に亘り山を見上げてきたけんのぉ…

「見えんから信じん 本当に山が存在するならココに証拠を出してみろッ!」
「うっせぇ兄ちゃんだなぁ 明日か明後日 晴れたら分かるわぃ バータレめ」

居るか居ないか
在るか無いか
分からんような心で祈ったって…ねぇ。
信仰の片想いで苦しむ人よ、実際に行ってお会いし、気持ちを伝えにゃ。
「わたしの所に来なさい」と主は仰せなんすから!

 さあ、部屋の隅に跪き、
 《イエス様…》とお呼びしてから、
   心のうちを吐露しましょう。
 

えっ、肺炎なの?

 投稿者:DORA  投稿日:2020年 8月 3日(月)04時49分14秒
返信・引用 編集済
  マジっすか。。
これからの季節、ウォーキングも気をつけないとね
これでコロナでもかかったら一発だよ
本当に御自愛を・・・

>(それ私と同じ選民意識かもよ)
選ばれたる者の 恍惚と不安 我にあり (太宰治)

イヤいや、選民思想は危険よホントに…
太宰より先にニーチェが選民思想について書いてるよね
(ワタシが読んだのは"ツァラトストラかく語りき")だけどね)
資本主義の中にいて、選民思想に走るのはごく当たり前だし
おそらく、太宰やニーチェは見抜いていたんだね。。

んまんま…それはともかく
かかりつけのアル中病院も今は閑散としてるらしい
ワタシも電話応対での受診で薬は薬局から郵送となったし

ホント、お身体大事に・・・(ΦωΦ)yー~~~

http://6602.teacup.com/knife3/bbs

 

【神に選ばれた人たちは…

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 8月 2日(日)16時22分12秒
返信・引用
   昼も夜も叫び求めている】ルカ18:7

神殿に於いてこれ見よがしに祈り求めるのではなく、通勤電車の中で…街を歩きながら…畑で雑草を抜き取りつつ…あらゆる場所で心はイエス様と対話方式にお願いしている。 教会信者のように「あぁ神よ アーしてください コーしてください」ではなく、過去現在生死を問わずに示された人と霊的な重荷を分かち合っている感じなのね。 特にその人は魅力あるワケでもなく、利益を齎す人でもないのだが、確かにみことばを伝えた。そのような、信仰の証しをしたと思われる相手が時々フッと心に浮かび、たとい会えなくても彼(彼女)の祝福を祈らされている。

【祈りの霊を注ぐ】ゼカリヤ12:10

57年前に自殺したらしい厨房くん、25年前に都民ゴルフ場前で暗くなるまで福音を語り聞かせたゴルキチくん、昨年亡くなったソンチョちゃん、バス車掌を止めたシルバー花っぺ、同じくドネ子さんケラ子さん、チャリンコ婆とその家族を含めると数十人? もっと?
 何となくであるが、
  永久の御国に於いて、
   同じ地域の住人になりそう
    そのような気がする。
   (地域=とてつもなく広い)
 (そこにはイエス様がおられ
   かつての聖職者のお姿は 見当たりまへぬ)
 

貧しい人

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 8月 2日(日)07時28分53秒
返信・引用
  【心の貧しい者は幸いです】マタイ5:3
《福なる者は霊に於いて貧しき者なり》新契約聖書


「貧乏人のどこが幸いだッ!」と真っ赤な顔で憤りたがる人もおりますが、経済的にではなく心霊の貧しい人と主は仰せなのに、直ぐに揚げ足を取りたがる心も財布も貧しい人(この人のどこが幸い?)。 でも、終戦後の極貧時代を思い出せば、衣食住…確かに生活は苦しゅう御座いましたけれど、互いに助け合う愛が滲み出ており、それなりに幸せでした(懐かしくても引き返したくはない)。

【ふたりの人が 祈るために宮に上った
ひとりはパリサイ人で もうひとりは取税人であった
パリサイ人は 立って心の中でこんな祈りをした
「神よ 私はほかの人々のようにゆする者 不正な者 姦淫する者ではなく ことにこの取税人のようでないことを 感謝します  私は週二度断食し 自分の受けるものはみな その十分の一をささげております」
取税人は遠く離れて立ち 目を天に向けようともせず 自分の胸をたたいて言った
「神さま こんな罪人の私をあわれんでください」
あなたがたに言うが この人が 義と認められて家に帰りました  パリサイ人ではありません】ルカ18:10
(霊界の法則)
自分を高くする者は低くされ、
自分を低くする者は高くされる。
(心の姿勢は常にケンキョンキョン)


(聖霊が降った今は
「あなたがたは神の宮である(1コリ3:16)」と書いてあるとおり、
 祈るために偶像的な宮へ上る必要はありまへぬ)


あのう~…
今朝開かれた聖書の箇所はマルコ14章7節で、
【貧しい人たちは いつもあなたがたと一緒にいます
 それで あなたがたがしたいときは
 いつでも彼らに良いことをしてやれます】
        ↓
【このように労苦して弱い者を助けなければならないこと
 また 主イエスご自身が
 「受けるより与えるほうが幸いである」
 と言われたみことばを思い出すべきこと】使徒20:35


  受けられる幸い、与えられる幸い、ですなぁ…
 

二つの救い その意味

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 8月 1日(土)06時48分17秒
返信・引用
  1)霊魂の救い=永遠の命
2)人生の救い=生きる喜び

霊魂の救いとは、神ご自身が被造物である人間の代表となられて、造物主を裏切った罪の罰を自ら受けられ、救いの道を開いて下さった。あとは人間がその恵みの道を選び取るか、あるいは拒むか、それだけのこと。

私が「その人に出来得る公義を行なうべき」と主張すれば、知ってか知らずか1)と2)を取り違え「キリスト信仰は善行によって救われるのではない」とムキになって反論したがる御仁もいる。1)の霊魂の救いに関しては、造物主の側からの一方的な恵みであり、食って糞して死ぬだけの人間が幾ら努力して知識を増しても、1ミリたりすら得られるものではない。 乞食の如くに土下座して「イエス様ありがとうございます」と泣いて感謝し、謹んでお受けするだけ。それしかない…

この世にあっては、身を低くして仕える者に徹することこそが勝利の道(主はそこにおられるから)、ここにこそ人生の喜び・生きる喜びがある。


【神は…
 私たちに勝利を与えてくださいました
 だから…
 いつも主のわざに励みなさい
 あなたがたは自分たちの労苦が
 主にあって無駄にならないことを
 知っているからです】1コリント15:58

「主のわざ」とは教会奉仕のことではなく、同じ市町村に住む虐げられている人に手を差し伸べ、あるいは汚れを拭き取り綺麗にし(あくまでも主の下男下女の立場で)、なすべきことをしたにすぎないと自らに言い聞かす。

これが、
2)の救い、なんす。
 

不思議な気分、

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月31日(金)07時06分23秒
返信・引用
  この板7年目…
初めての訪問者・広島在住の〇〇さんにより今日まで続いている奇跡なのだが、私は文以外での会話はないからお声も知らない。 それなのに、昨日の妻ときたら、電話で親しげに「あら~ 〇〇さん(実名) お元気でしたぁ♪」。
 私に受話器を渡そうとするから、オーノーノー ヨーコー(人妻とは駄文ならともかく馴れ馴れしく話せませぬ…)。

 7年目の浮気なんてぇ映画、あったっけ。

   では、後期高齢者、ヨナ爺ちゃん
    これよりバス労働に…
 

永遠の主権

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月31日(金)06時22分24秒
返信・引用
  【地に住む者はみな 無き者とみなされる
  彼は 天の軍勢も 地に住むものも
   みこころのままにあしらう
 御手を差し押さえ
 「あなたは何をされるのか」と言う者もない】ダニエル4:35


大災害の前に茫然と佇み、
《自然が相手じゃ仕方がないよね》と呟く。
天を呪ってみたところで、その呪いは数倍になって己に降りかかるから、口を噤むしかないのである。地震や台風や今回のコロナウイルスが人工的に引き起こされたものであったとしても、それを主なる神さまが許されたことになるのだから、黙って耐え、苦しんで死ぬしかない。


【神は我らの避け所 また力
 苦しむとき そこにある助け
 それゆえ我らは恐れない
 たとい 地は変わり 山々が海の真中に移ろうとも
 たとい その水が立ち騒ぎ あわだっても
 その水かさが増して山々が揺れ動いても】詩編46:1~

   大いなる御方の御前に於いて、
     わしらは虫1匹
       いや
 肉眼に見えぬウイルスの1つkamoしれん
   なにゆえコレを顧みられるのか
    それが不思議中の不思議
      神秘中の神秘


主に置かれた今のこの場所で最善を尽くし、いつなんどき終わりが来ようとも御心のままに…という姿勢及び方針。
物事に熱中しても、それに執着してはなりまへぬ…
明日、もしかしたら今日、
この世から命を奪い去られるかもしれないのだから…
 

霊と真をもて拝すべきなり(ヨハネ4:24)

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月30日(木)06時10分29秒
返信・引用
  【あなたは接吻で人の子を裏切るのか】ルカ22:48


いつかココに書いた記憶がある…
「私の場合 聖書を読む前の礼拝時間は 息を止めて約7秒です」と。
長いと雑念が入るのである。敬虔に見せるためのスタイルを維持できても、神に向かって集中できなければ無意味、行き先はイスカリオテのユダになる。
「キリスト教は〇年前に止めました」等と平気な顔して言う輩も居るが、初めから信仰を持っていなかった(イエス様に出会っていなかった)と打ち明けるに等しい。(後から分かる…)誰しもが、イエス様に何度もお会いしていたくせに、あえて無関心を装っており、いやむしろ敵意すら感じていたことを。

【あなたがたが
 これらのわたしの兄弟たち
 しかも最も小さな者たちのひとりにしたのは
 わたしにしたのです】マタイ25:40
 

我らは死ぬまで奴隷の身分…

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月29日(水)12時56分25秒
返信・引用
  堕天使・悪魔サタンの奴隷となって命を食い尽くされるか、
それとも…
造物主なる神の奴隷として命を与え続けられるか、
二者択一なのである。

「俺はドチラの奴隷でもないよ 俺は俺」と豪語する人、それは無知丸出しで、100%間違い無くサタンの奴隷であると告白しているようなもの。

【あなたがたは罪に仕える奴隷となって死に至るか
 神に従順に仕える奴隷となって義に至るか どちらかなのです】ロマ6:16

覚醒剤の常習者が「もう二度と使用しません」と固く誓っても、既に覚醒剤に関するブレーキが壊されているので、目の前にクスリを置かれると躊躇わず使用し、刑務所に逆戻り。盗みや殺人の常習者も同じ…
 罪を犯すと罪(悪魔)の奴隷になってしまい、逆らえなくなる。
  そこから抜け出るのは命懸け…


  わしらキリスト者はキリスト様の奴隷であって、
   御主人さまの御命令には逆らえんとでごわすのよ。
    主は その人に出来ない事は 命じられまへぬ…
    (※教会牧師の命令とは異なる)
 

今朝も畑で御言葉が…

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月28日(火)06時53分26秒
返信・引用
  【子羊の血を取り
 その肉を食べ
 その血を門柱と鴨居に塗る】出12:7

【わたしの肉を食べ
 わたしの血を飲む者は
 わたしのうちにとどまり
 わたしも彼のうちにとどまります】ヨハネ6:56

【真夜中になって
 主はエジプトの地のすべての初子を打たれた
 王座に着くパロの初子から
 地下牢にいる捕虜の初子に至るまで】出エジプト12:29

それでも…
【嗚呼
 助けを求めてエジプトに下る者たち
 彼らは馬にたより
 多数の戦車と 強い騎兵隊とに拠り頼み
 イスラエルの聖なる方に目を向けず
 主を求めない】イザヤ31:1


「わたしの肉を食べ わたしの血を飲む者」
この御言葉を文字通りに受け取るかもしれない愚かな群衆、これに媚びを売りたがる多くの弟子たち、【酷い言葉だ 誰が聞いておられよう(ヨハネ6:60)】と言い放つ。 昔も今も同じだね…


聖書に記されるイスラエルとかエルサレムとかエジプト等々は地理的な場所を指しているのではなく、その本質であり心であり霊なのだよ(ヨハネ6:63)。 日本国内に於いて不信仰な人が拠り頼むエジプトとは、多数の戦車と強い騎兵隊を備えているアメリカ様であり中国様なのだが、強がる双方はウイルスの攻撃やら自然災害に打ちのめされ、もはや虫の息。


わしら信仰によって心の門柱鴨居にキリスト様の血が塗られているならば、禍は必ず通過していく。たとい隣りが倒れても…
『出番だよ』という御声が聴こえまへぬか?
 

人類の憧れ…

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月27日(月)06時37分14秒
返信・引用
  【あなたはツロに言え
  海の出入口に住み
  多くの島々の民と取り引きする者よ
  神である主はこう仰せられる
  ツロよ
  「私は全く美しい」とおまえは言った
  おまえの領土は海の真中にあり
  おまえを築いた者は
  おまえを全く美しく仕上げた】エゼキエル27:3

【人の子よ ツロの君主に言え
  神である主はこう仰せられる
  あなたは心高ぶり「私は神だ
  海の真中で神の座に着いている」と言った
  あなたは自分の心を神のようにみなしたが
  あなたは人であって神ではない】エゼ28:2
※人(比喩)=堕ちた明星サタン


先ほど畑で示された旧約の箇所を読んでいると、
【子よ 思い出してみるがよい
 お前(金持ち)は生きている間に良いものを貰っていたが
 ラザロ(乞食)は反対に悪いものを貰っていた】ルカ16:25
この新約の個所と重なった。


霊的存在も肉的存在も憧れるのは良いもので満ちた高き場所であり、見下げられるより見上げられていたいのである。人間の目から見て、金持ちは特に悪いことをしたのではなく、ラザロは特に良いことをしたのでもない。 何ゆえ大きな開きができたのか…? 無意識の世界でそれを追い求め、手中にすると心高ぶり《私は神だ》と言ってしまう危険性、いくら敬虔なクリスチャンと云えども常にそれと隣合せ、ボケッと過ごしてはならんのでアルヨ。

パウロは傲慢に陥らぬよう身体にトゲを与えられたが、頭の回転と運動神経の鈍い人(手枷足枷を嵌められている人)、天国に入れるために神から与えられた大いなる恵みかもしれんどすなぁ…(あるいは罪の清算とか)。 ガンバレー
 

不思議なる御方…

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月26日(日)06時54分33秒
返信・引用
  【その名は
 「不思議な助言者 力ある神 永遠の父 平和の神」
 と呼ばれる】イザヤ9:6


ウォーキング帰りに畑へ立ち寄り、召使いの辿った取るに足らない歩みを見つめながら、「足跡」という詩を思い出していた。(アメリカ人女性マーガレット・F・パワーズ)
《ある夜 わたしは夢を見た
 わたしは 主とともに渚を歩いていた…》

人生を振り返ると、自分の欲望のために歩いた私の足跡ばかりが目立ったが、よく見ると部分的にイエス様の足跡が確かにあり、それは世から報酬を受けずに虚しい心でゴミ拾いをした時の距離。そこが妙にキラキラと輝き、私の醜い歩みの部分を打ち消してくれるかのようだ。

気づいてくれる人がいるだろうか?
乞食のようにつき従った私ではなく、
共に歩んで下さったキリスト様の香りを…
私は年齢的現実的に間も無く世を去らねばならないが、
人を通して主の歩まれる足跡が世界中に増え広がり、
聖なる御名が万人に崇められますように。
 

主の御告げ

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月25日(土)06時45分12秒
返信・引用
  【天にも地にも わたしは満ちているではないか】新改訳聖書エレミヤ23:24
【すべての道で主を認めよ】口語訳聖書箴言3:6

(万物に神の霊が宿る=八百万神信仰)

【神は唯一です】1テモテ2:4

唯一にして全知全能なる神、
地球人口70億人の道を全て御存じの御方、
2020年7月25日、雨降る土曜日の朝、
虫1匹に過ぎぬ主のシモベ、貧農の地より大いなる神を礼拝致します。
全宇宙の絶対者、道にして光なる我が救い主に向かい、親しく《イエス様》とお呼びできる恵みに感謝。

ブドウ我が御主人イエス様 今日 為すべき仕事を お示しくだせえ´Д`
 

携挙 携挙 ホーホケキョ

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月24日(金)19時10分33秒
返信・引用
  【キリストにある死者が まず初めによみがえり
 次に 生き残っている私たちが
 たちまち彼らと一緒に雲の中に一挙に引き上げられ
 空中で主と会うのです】1テサロニケ4:17


いろいろ考えさせられます。
「生き残っている私たち」というのはパウロとその時代に生きたキリスト者のコトとも受け取れますが、遥かに遠い2000年後の私たちのことですよと無理にコジツケた。【このことばをもって互いに励まし合いなさい】…何と2000年という長きに亘り「携挙が起きる起きる起きる」と励まし合い、馬の鼻先ニンジンのまま初めに蘇る死者という立場に甘んじちゃったのですなぁ。

もし仮に携挙が明日の12時に起こるとすれば、それまで待てずに今日死ぬヨボヨボ爺婆たち、生き残った者より先に蘇るのでしょうね。《チッ!一挙に引き上げられるスリル感を味わいたかったニャー》なんて思う人だって居るかもしれないが、ディズニーランドのジェットコースターとはワケが違う。

あ、救われるのはイエス様の十字架による贖いを信じる人で、携挙を待ち望む人(ロケットで月へ行く心境)のことではありまへぬから、ご注意ください。 教会教では携挙に与る条件などを考案し、信者を増やそうと努めます。 天国は夢や期待で入るのではなく、狭き門を潜り抜け、細き道を歩まされるんすのよ。それも独りでッ!


 私も気持ちは若いのですが、
  貧農村から外に出る気力や体力が失せ、
   もはや細々と暮らす日々なんす。
 

主の使いっ走り。

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月24日(金)16時10分22秒
返信・引用
  >斯く伝えようと思うておりまふ…

斯く伝えまひた。
伝道者は教え導くのではなく、ただ証しを伝えるだけ…
虫は花の蜜を吸い取るだけ、受粉して実をつけるのは御霊の御業、後のこたぁオラ知らね。
 

福音を伝える相手、

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月24日(金)06時17分48秒
返信・引用
  先ほど畑で示されました…
MBSさん(元防衛大臣そっくりさん)78歳、
《何ゆえ貧農ヨナは毎回飽きもせずに公義らしきを行ない続けられるのか!?》
このような疑問を抱いていることが以前から彼の顔に描いてある…
そのことを知りたくて尋ねようとウズウズしている…
次に出会ったとき、必ず訊かれるような気がした…

答える準備をしておこう。
「俺が道端のゴミ拾いや草むしりをしているのは地域の美化のためでは決してなく もちろん村民としての義務からでもない  ましてやアンタらに褒められて感謝されるのが目的なら こんな屈辱的なコトは断じてしない  俺はな ガキの頃からキリスト信仰者で 聖書を学んできたから キリスト様の言付けに従おうとしているだけなんだよ そこには何と書いてあるのかを教えよう 『主なる神さまが お前(ヨナ)に求められるのは ただ公義を行なうこと 慈しみを愛し へりくだって神とともに歩くこと』そう命じられてある  社会的地位の低い俺に出来る公義といやぁゴミ拾いと草むしりしかなかんべぃ 自分の義ではなく 神の義に従うところに意味がある  分かったか?分かったら元防衛大臣の真似など止めてさ キリスト様を真似て生きろ」

 斯く伝えようと思うておりまふ…
 

ミカ書6章8節

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月23日(木)16時29分44秒
返信・引用
  【主は何をあなたに求めておられるのか
  それは ただ公義を行ない…】

どうも私の単独公義が目立つらしい。
言葉に出す人 出さぬ人、
《地域の美化に努めて下さり感謝する》
周囲の心が雰囲気で伝わって来る…

勘違いをしないでくれ、
誰がアンタや地域に喜ばれるためになんか働くものか!
それを行なうのは信者である私の務め、ただそれだけなんじゃよ。
 

バスの車掌に愚痴る日々…

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月23日(木)06時58分44秒
返信・引用
  「わしゃ66歳で村バスの運転手になり
 今76歳 丁度10年目 “あっ”…と言う間に過ぎ去ったわぃ」
「時の流れは速いよねぇ…」
「“あっ”と言う中にも様々な事があって学ばされたが
 その速度たるや新幹線並み
  学びが生かされぬまま
   もう直ぐ火葬場に到着するぞ」
「あ~ぁ あの世のことは神さま任せでいいけれど
 死ぬ瞬間までが恐怖よね ニンチになってシモの世話を受けたくない!」
「わしの日頃行なう公義はその恐怖から免れたいためなんじゃが…」
「誰しも理想はピンピンコロリ 延命治療はお断り!」

【人生の年月は七十年ほどのものじゃ
 健やかな人が八十年を数えても
 得るところは労苦と災いにすぎん
 瞬く間に時は過ぎ 俺たちゃ飛び去る】詩編90:10

どこかのブログに書いてあった…
>「60歳代は一年ごと、70歳代は一ケ月ごと、80歳代になると一日ごとに体力が衰えていく。気持ちはまだ若いつもりなのに‥‥。」 これは、老いて行く速さを実感した高齢者のことばです

老後を楽しんでいるように見せてはいるが、内心は戦々恐々…

我が神イエス様、他の人はともかくとして、
大して役立たぬあなたの哀れなシモベ、これを御心に留めて下さり…苦しまずに世を去れますよう、手続きの程よろしくお願い申し上げます。
 (巷の声)
「身勝手め!“他の人はともかくとして”とはナニゴトだッ!」
《っるせぇ だったら公義を行なえ!》
「公義を行なや苦しまずに死ねる保証はあんのか!?」
 《特に……ニャン》
  「ニャ!他に良い点は?」
   《天国貯金にはなっとる》
    「おろして使えんのか?」
     《わしゃかなり使っているつもり》
      「つもりとは煮え切らんなぁ」
《バカめ 信仰とは神と自分との関係なのじゃ 満足の度合いは其々異なる》

  むむむ、雨の休日、愚痴る相手は おりませぬ…
 

おでかけですか? レレレのレー

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月22日(水)06時13分47秒
返信・引用
  天才バカボン・おそ松くん等の生みの親・赤塚富士夫さん、谷岡ヤスジさんと並んで漫画界の天才でしたなぁ…

愛媛県在住レレレのヨブさんを思うとき、
レレレのおじさんと重なり、
心がくすぐられます。
カバリストさんも懐かしいのですが、神学的な相違から離れざるを得なくなり、御無沙汰が続きます。 霊の世界は峻別が厳しいですから…

キリスト信仰とは、望遠鏡を額縁に入れて飾りながらも、絶えず顕微鏡を眺める世界ですから、誤魔化しができませぬ。 弱者とうっかり交わした約束でも、キリスト様と交わした約束に等しいので、何が何でも守ろうとします。 そのために多くの識者と決別を余儀なくされ、血を流しながらも細き道を歩む。 結局、イエス様以外の全ては偶像、それらは…最終的に騙すダマスコ。


私の父親は熱心な教会役者でしたが、肉体が元気な頃までは名俳優として活躍し、大いに用いられていました。 しかし、還暦も過ぎて古希を迎えると主役の座から降りざるを得ず(理想の望遠鏡から現実の顕微鏡に移り)、部屋に閉じ籠ってテレビのチャンネルをカチャカチャ回す日々、夢が破れたのでしょう。 その父を見ておりましたので、私は割と早い時期に望遠鏡の虚しさに気づき、自らの手を汚してゴミ拾い草むしり信仰に入りました。 そこにイエス様がおられましたもの…

 注意するべき点は近視眼的に陥り易く、
  つい心にもなく強者を見下してしまうのでしょう…
   特定の人から嫌われます。
 でも、主の御前に於いては、ヘッチャラポン♪
 

お返事ありがとうございます・・・

 投稿者:レレレのヨブ  投稿日:2020年 7月21日(火)20時16分26秒
返信・引用
  こちらの地域的には、コロナも一段落しまして、私事お仕事が忙しく、返事が遅くなりました、お許しください。
私は、仏教系檀家家系として、自分の力では如何することも出来ないときに、心の救いを求めて、仏教経典を、あれこれ読み漁りました。
読む度に、なるほど!なるほど!!なるほど!!!と、その時は、一時の平安を感じました。
が、時間が経つと、元の黙阿弥で、何だかモヤモヤ・・・
そんな頃でした、聖書に興味を持ちまして、そこで知り合った?のが、はるみさん・カバリストさんでした。
当時、はるみさんは一生懸命に、沢山の方々の救いとなり活動されて居たと記憶してます。
私は、仏教系(独学ですが)からキリスト系掲示板に来ましたので、色んな事を云われもしました。
だけど、あの頃、カバリストさんは、私の心に寄り添って下さった事を、今でも記憶してます。

はるみさんは、東日本大震災で、ご苦労をされたと、何処かで拝見しまして、お祈りをした事を思い出します。

はるみさん、今でも、おげんきでしょうか?
そして、カバリストさん、おげんきでしょうか?
カバリストさんと同じグループには成れませんでしたが、カバリストさんのお陰で、今もイエスキリストさまを信じて、

妻と二人で、暮らして居ます。

出来ることなら、カバリストさんへ、御礼を申し上げたいと
心から、そう思います。

あっ、ヨナさんへの手紙が、
はるみさんへの手紙・カバリストさんへの手紙になってしまいました。
どうか、お許しください
 

体力の限界に挑む。

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月21日(火)18時08分38秒
返信・引用
  先月の終わりに熱中症と肺炎でダウンして、医者に通い「無理な仕事は控えるように」と忠告され、妻に朝昼晩と3回も体温を測らされていた。 今朝、物置小屋の椅子に腰掛け、祈った。「イエス様 今日は体力の続くまで公義を行なう所存です この召使いの肉体を支え 良き証しとなりますように」。(実は先日シルバーの作業班長から草刈仕事を依頼されたが事情を話して断った)

だが、
これは主に命じられた仕事であると信じて受け入れたゆえ、途中で倒れても主が支えて下さるに違いない…
まず、空家の雑草刈り取り作業を終え、草掻釜を右手に持って前回の続きである歩道の草を黙々と只ひたすら抜き取り、一輪車に積み込み畑の堆肥場へ。自分で言うのもおこがましいが、仕事は割と丁寧なので、100m進むに4時間もかかっている…(息切れし足腰痛く右手の肘が曲がらなくなった)。 物陰に隠れて見ているオッサン、《誰に頼まれ? 時給幾らで? 何ゆえ一人?》、ヘンテコ爺さん奇妙に思われても仕方がニャイ。 オッサンいたたまれずに飛び出て来た…
「今テレビニュースで観たが
 何人か熱中症で病院に運ばれたって
 無理しねえでおくり」
「わしゃ熱中症で2回も倒れている 免疫が備わってるから大丈夫さ!」
「オラ医学の知識はねえが 免疫は無いと思うじ」
「そうか 遠くから見ていて 倒れたら救急車を呼んでくれや」
「… … … …」

MBSさんも来た…
「体…気を付けておくり」

ひと通り遣り遂げ、家に戻って風呂に浸かり、死んだように横たわる…
気力体力の限界!
 肉体はイエス様に守られた!
  明日はバス仕事に行くんじゃ♪


ルカがテオピロに詳しく書き送ったように、私の言動は近所のチカちゃんを通し、人々に伝わる(らしい)。「あの人クリスチャンなのでキリスト様に従っているのよ」とかなんとか…

斜め西側に住むツキノワさん、私のボランティア的な奉仕に感動したらしく、自分も何かしようと公園トイレ脇の雑草を抜き取っていた。 チカちゃんが車掌を務めるバスが私に気づき、クラクションを“ピッ”。 私が手を振るとツキノワさんも釣られて手を振る…

 いずれ一人一人に公義の意味を教えにゃならん(・。・)/~~
 

報復の神

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月21日(火)06時24分35秒
返信・引用
  【主よ 報復の神として
 報復の神として顕現し
 全地の裁き手として立ち上がり
 誇る者を罰してください】詩編94:1


虐げられている者が善人の側に居るのではない。
立場が逆転すれば、彼らが虐げる側・誇る者となり、罰せられる…
病の治癒を求め、悔い改めて祈り求める。しかし、癒されたなら、またサタンに仕える身となる。主なる神さまは、そのことを御存じ。

次の御言葉に、少しずつでも近づいている、そう信じたい…
【私はキリストとともに十字架につけられました
  もはや私が生きているのではなく
 キリストが私のうちに生きておられるのです】ガラテヤ2:20

霊に生きて祝福される部分、
 肉に生きて報復される部分、
この二つの狭間で苦しみながら、今日も生きる…


暮らしの中で、
両親が居ることが当り前であった時期、
兄姉が居ることも当り前であった時期、
ワンコやニャンコが居ることも…

 みんな死んでいなくなった…


だが、3歳の時に出逢った不思議なる御方、イエス様。
 熱心に従った時も、
  堕落の極みで呻いていた時も、
 ずっと一緒に居てくださった…
 

「週刊イエス」より抜粋

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月20日(月)20時46分52秒
返信・引用
  (ネットで調べると同じ考えの人が大勢いるのだね)


>本来の「エクレシア」は、「イエスに信頼する者たちの集まり」というふうに、「人」に焦点が置かれていた。しかし、それが「教える会」となってしまった。「教会」は、何かを学ぶ場所となってしまったのである。その結果、「学ぶこと」「組織」に焦点が置かれてしまい、本来の「お互いを思いやる」「励まし合い、支え合う」という集会の目的がブレブレになってしまった。そして、現代の日本の多くのクリスチャンが陥っている、「教会教信者」を生み出すこととなってしまったのである。


 教会教信者……
 

アモスがアー申す。

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月20日(月)06時38分3秒
返信・引用
  実につまらない駄洒落…

だが、主なる神さまも、
それに輪をかけたようなダジャレの数々…

【そこに一かごの夏の果物があった
 主は仰せられた
 「アモス 何を見ているのか」
 私が
 「一かごの夏の果物です」
 と言うと 主は私に仰せられた
 「わたしの民イスラエルに終わりが来た…」】新改訳聖書アモス8:2

アモスが夏の果物を見たからといって、
どうしてイスラエルの終わりが来るのか?
 新共同訳聖書に答えを見つけた…

【見よ 一籠の夏の果物(カイツ)があった
 主は言われた
 「アモスよ 何が見えるか」
 私は答えた
 「一籠の夏の果物です」
 主は私に言われた
 「わが民イスラエルに最後(ケーツ)が来た】

「カイツ」と「ケーツ」、言葉の響きが何となく似ている、ただそれだけのこと。 エレミヤ1章11・12節の「アーモンド(シャーケード)」と「見張っている(ショーケード)」これも何となく響きが似ており、外国人には「はひ!?」何のことだか意味がサッパリ分からない。

「そうは言うけれども」→「しゃーけんども」、日本人なら少し分かる?

これら 神さまの酷すぎる駄洒落、もはや知的障害者の世界としか思えないのだが、主はそのレベルでアモスやエレミヤその他の人々に仰せられたことを思うと、私たちは社会の底辺に降りて行き、そこで謙虚に耳を傾けることこそが、主の御心を知る唯一の手段なのかもしれない。

 世界の潮流? 動向?
  そんなもなぁどうだっていいッ!
 

炎天下5時間の草むしり礼拝…

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月19日(日)20時35分25秒
返信・引用
  体中汗ビッショリになり、
 持参の茶も飲み干し、
  犬のように舌を出してハーハーゼーゼー…
誰かが自販機から冷えた茶を2本買い、それを私に差し出した。隣りに住むフランケンオヤジが自家用車で通り、私を見つけて立ち寄った、というワケである。彼は私がキリスト者であることを知っている…


【預言者を預言者として受け入れる人は預言者と同じ報いを受け
 正しい者を正しい者として受け入れる人は正しい者と同じ報いを受ける
 (主の召使いを主の召使いとして受け入れる者は主の召使いと同じ報いを…)
 はっきり言っておく
 わたしの弟子という理由で この小さな者の一人に
 冷たい水の一杯でも飲ませてくれる人は
 必ずその報いを受ける】マタイ10:40~

いつの日か、フランケンオヤジは驚き、そして問うであろう。
【主よ いつ私たちは(あなた様が)
 のどが渇いておられるのを見て飲み物を差し上げたでしょうか】マタイ25:37

【はっきり言っておく
 わたしの兄弟であるこの最も小さな一人にしたのは
 わたしにしてくれたことなのである】25:40

主は「はっきり言っておく」と仰せられたのですから、報いは絶対に受けます。逆に、主に従う私の行為を批難する人、大変お気の毒な結果になる。
【こうして この者どもは永遠の罰を受け
 正しい人たちは永遠の命にあずかるのである】25:46
 

尊敬するテオピロ殿

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月19日(日)06時40分46秒
返信・引用
  新共同訳では
【敬愛するテオフィロさま】ルカ1:3

如何なる人物かは存じ上げないが(ユダヤ人なのかシリヤ人なのかも含め)、有能なルカと深い関わりのあった人物で、もしかしたらルカを自由の身にするだけの地位と力を持っていたのかもしれない。当時の医者は奴隷の身分であったらしい…

いずれにしても、ルカがテオピロに送った2つの書簡(ルカ福音書と使徒行伝)、これがパウロ書簡と並んで新約聖書の大きな部分を占めているので、その後のテオピロさんの働きも想像できるよね。

聖書の背後を少し探ると薄ボンヤリと見えてくるのだが、隠れた所で実に多くの人が関わっており、聖霊によって1つに纏められている。だから、驚き。


本日、召使いヨナ爺の予定…
軽トラ使用、公道の草むしり礼拝。
汚れた格好で奴隷の如くにしゃがみ込み、作業しながら主を排し、主に語り掛け、主にお聞きする。 荷台に積んだ雑草はヨナ畑に持って行き、賛美しながら堆肥場に卸す。 世の人には理解不能な日曜礼拝……
 

天国銀行

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月18日(土)06時59分11秒
返信・引用
  【富は 天に積みなさい
そこでは 虫が食うことも さび付くこともなく
また 盗人が忍び込んで盗み出すこともない
あなたの富のあるところに あなたの心もあるからだ】マタイ6:19~

【これで商売をしなさい(儲けなさい)】ルカ19:13


いつものコースをウォーキング、目は道の隅々をキョロキョロ、紙屑・ちぎれたビニール・タバコの吸殻・・《ゴミめっけ♪》、天国の貯金箱に“チャリン”と小銭を入れた気分…
窓の隙間から覗いている人にしてみれば『立派な人…』と思うかもしれないが、私にしてみれば打算的信仰なのであります。ただ単に世人から賞賛されるためだけなら(あるいは神からの報いが無ければ)、誰がゴミなど拾うものですか! きれいごとを恩着せがましく実行できるのは1回か2回、多くても3回くらいです。それを何年も続けられるのは召使いとしての打算的信仰があるからこそで(私は23年目)、タダのお人好しだけでは出来ませぬ。

住宅沿いの歩道に生える雑草を抜き取るのは年に数回なのですが、
陰から見ている人の心が手に取るように見えるから不思議、
《せめてお礼を言いたい》
《自分も行って手伝いたい》
《しかし その簡単な行為が 出来ない》
何故なら、
神の御心を行なえないように、
悪魔から手枷足枷を嵌められているから…
この悪魔とは、世の支配者であって、逆らえない。

だが、奇妙なことに
街を集団で綺麗にすることなら悪魔はスンナリ許す…
彼の活躍の場が生まれるからなのだよ。
参加しない人、動きの鈍い人、サボる人、これらを虐めの対象に出来るから。
鬼の首を取ったかのように勝ち誇って…
 

引き下がれサタン!

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月17日(金)06時23分2秒
返信・引用
  先輩格の人間ペテロが、畏れ多くも主イエスの前にしゃしゃり出て、逆に強い口調で叱責された。それも、他の若い弟子たちの注目する中で…
「ペテロ」(あるいは本名のシモン)とは呼ばれず、
  暗闇の支配者「サタン」…と。

【イエスは
  人の子は必ず多くの苦しめを受け
 長老 祭司長 律法学者たちから排斥されて殺され
 三日の後に復活することになっている
  と
 弟子たちに教え始められた
 ……
 すると ペテロはイエスをわきへお連れして いさみ始めた
 イエスは振り返って弟子たちを見ながら ペテロを叱って言われた
 「サタン 引き下がれ
  お前は神のことを思わず 人間のことを思っている」】マルコ8:31

これは他の弟子たちの前でペテロの面目を失わせるためではなく、弟子たち全員がペテロと同意見であったので、先輩ペテロが代表して「サタン!」とまで言われ、厳しく叱責を受けたのであるよ。

私たちはキリスト者の仮面を付けながら時々サタンに支配されていることがあり、しかもそれに気づかず敬虔なクリスチャンの意見として推し進めようとする。『引き下がれサタン!』との御声に耳を傾け、「へへー(土下座) 私めこそ サタンで御座いましたぁー」と悔い改めにゃならぬこと屡々。


公道の草むしりを独り黙々と行なう姿は他者の目に不気味に映ると思う…
(賛同するキリスト者に呼び掛け 楽しく話し合い 時には賛美を口ずさみながらやる方が キリスト宣伝になりゃせんかい?)←引き下がれサタン!
 お前は神のことを思わず、人間のことを思っている!!!

  主に従う時は
   いつも
  独りなんす…
 

遺伝子との闘い…

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月16日(木)06時40分45秒
返信・引用
  私の肉体(容姿や性格)は、両親からの遺伝子を受け継いでいると認めざるを得ませんので、他者には親切にしよう(あるいは意地悪しよう)という心、実はこれすら遺伝子の指示なのかもしれないと気づきました。 若い頃“自分はどうしてこれほどスケベなのか”と悩んだ時期が長かったのですが、これとて父親から受け継いだ遺伝子の為せる業、それと闘い…実行に移さない限り罪にはならないkamo…と。

【私の肉には善が住んでいないことを知っています
 善をなそうとする意志はありますが
 それを実行できないからです】ロマ7:18

悪に流れるのは実に容易いのですが、善をなそうとする場合それを妨げる遺伝子に打ち勝たねばならず、女子プロ京子ちゃんのオヤジのように『修行だ!修行だ!修行だ!』。修行をしなくてはなりませぬ…
「離婚の原因は浮気」、だらしない男はココに陥り易い…
地獄に落ちる罠はキラキラ光り爽やかで気軽に見えるのですが、年々老いる妻(あるいは情けない夫)の全存在を土足で踏みにじる行為になるからです。しかも、全能者は弱者の目(心)を通して復讐されますから、堪ったものではない。 私も血気盛んな頃、断崖絶壁で祈らされましたが、助かったのは奇跡としか思えません。 今…69歳のお節介妻を見ながら、《あんとき落ちなくて良がっだなぁ》と 主の憐みの導きにシミジミ感謝しとりまふ。

 良い部分も、悪い部分も、遺伝子の操作。そうさ、そうなのだよ…

ここからの脱皮を試みたのは53歳ゴミ年齢、
休日にはボロ服に着替えゴミ袋に軍手、
丸めた鼻紙・タバコの吸い殻・小さな諸々の廃棄物…
乞食のような心で拾い集めて処理した日々、初めは屈辱どしたぜよぉ…

 それでもってよ、
  主の召使いに採用されったっちゅうワケなの^^
   召使いの特典? いろいろ有り過ぎ…
 

至る所に防犯カメラ…

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月15日(水)06時40分56秒
返信・引用
  ナタナエル
【わたしは あなたが
 フィリポから話し掛けられる前に
  イチジクの木の下に居るのを見た】ヨハネ1:48

ナタナエルは、主イエスにお会いするよりずっと以前に、イチジクの木の下で神に祈り求めていたのであろう。 そのことを指摘され、思わずギョッと驚き、
【ラビ(先生)
 あなたは神の子です
 イスラエルの王です】1:49
と叫んだ。

イエス様はどこからナタナエルの信仰を見ておられたのでしょう……?
おそらく、フィリポ(ピリポ)の目と心を通し、御観察されていたのかもしれません。つまり、フィリポの目を御自身の御目とされたとすれば、私たちは至る所でイエス様と(あるいは天使と)接触していることになりますので、特に…いと小さな者に対しては油断ができないので御座いまするよ。

先ほど、MBSさんが早起きして畑を眺めていたので、「おはようございます」と言いつつ手を上げると、畏れ混じりの満面笑顔で「あっ おはようございます」と挨拶を返してくれたが、それは昨日 一瞬であったが、天使が彼の目を通して私の公義をチラッと覗く機会があり、「いつも綺麗にしてくださり有難う御座います」等と呟いていたんす。 天使介入とは私も気づかなかったので、《あんたのためにやってんじゃねえっつんだ オラの御主人イエス様の御心を忖度(ソンタク=昨年の流行語)して やってんでぇ ニャロメ》と心で応えましたっけ。

私たち神に属する者は、アノ人を通しコノ人を通し、常に監視されている。
何を発言したかではなく、何をやったか…を。
記録係の天使は超高性能カメラでバッチリ写すので…
かの日かの時、裁きの座に立たされたとき…
 証拠の映像を隈なく見せられ、
  嗚呼もう言い訳できませんぜっちゅうの!

   MBSさ~ん
 元防衛大臣そっくりさ~ん
 

かなり気恥ずかしい…

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月14日(火)21時33分40秒
返信・引用
  私の中に宗教的教会信仰がまるで無いのに(むしろ批判的立場であるのに)、


「子羊通信」より、
>お勧め掲示板

>願わくは御名を崇めさせたまえ
>心はいつもホームレス


「聖書を脚本にして偽イスラエルの偽ユダヤが世界を相手に大見得を切って芝居を演じている」と云って憚らない男・主の召使いヨナ爺、こいつの駄文を教会信者さんにお勧めするなんて、ザアカイさんは物凄い必殺仕掛け人、御見逸れ致しました。

私は教団組織よりもイエス様の御心を優先したいと常に願っております。
井の中の蛙、井の中で主にお逢いし、井の中で主に従うのです
 

予定説

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月14日(火)13時22分16秒
返信・引用
  人間には自由意志がないのか!
神の操り人形だとでも言うのか!

それは…ある意味で正解、♪ピンポン…なんす。

【彼らは御言葉を信じないので躓くのですが
 実は そうなるように 以前から定められていた】1ペテロ2:8


公道の草むしりを独り黙々と行ないながら、《幾ら良い事と分かっていても一般人には絶対に真似できない わしゃたまたま小さな公義を行なうよう定められていたからこそ出来るのであるが もし選ばれていなかったら こんな屈辱的なコト やるワケがない》、どっから見たって神の晒し者…だもんね。
 

体力と相談しながらも、

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月14日(火)06時46分25秒
返信・引用
  【自分の体を打ち叩いて服従させます】1コリ9:27


リュックサックには飲食物・混合油4リットル・雨合羽・その他を入れ、草刈用ビーバーを担ぎ、ひたすら登る。 山の頂上付近になりますと《もう少しだ頑張れ》と自らを鼓舞しながらも一歩一歩が限りなく重く、心臓はドキドキ高鳴り破裂しそう…(シルバー作業班草刈隊=過去に途中で倒れ病院に運ばれた会員もいた)。
僅かな賃金と云えども仕事となれば、
《老人なのだから無理せずに出来得る範囲で》
「のんびりゆっくりと」なんてぇ甘えた考え方は許されないのでアル。

会員「アレはシルバーの仕事じゃねえぞ もう断れ!」
班長「う~ん この仕事は1年に一回だけだしぃ
   ソレを受けるから他の仕事も貰える 俺としても辛いトコさ」
会員「墓場と隣り合わせの仕事だなぁ
   ラクして生きても 逝くときゃ逝くでよ
   コロリと死ぬにも筋肉が必要だからな
    んと頑張ってピンコロを選ぶか…」

この世の奴隷として死ぬよりもキリストの奴隷として死にたいヨナ爺ちゃん、あの仕事は断ることに決定しました。思い出すだけでも眩暈がするもんね…
 とは言え、
山仕事でなくても体力の衰えを感じ、
 今までは難なく出来ていた仕事でも、やり遂げるには一大決心。
  我が人生の頂上付近、雨が止んだら体力を振り絞りませう

自分の善意で大きな山を動かすよりも、主の御心に従って石ころ1つ動かす方が、霊界では支持されることを知っている抜け目なき爺、亀の甲より年の劫。
 

復活の時

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月13日(月)06時55分16秒
返信・引用
  娶ることも嫁ぐこともなく 天使のようになるのだ (マタイ22:30)


天使ってさ、主に用いられることを至上の喜びとしているが、割と自由の身なんだよね。其々に持ち場があって、任せられている。 主は、一々アーだコーだと仰せられず、独創性を尊重なさる。 親が息子夫婦の作った独創性の中をを歩む喜び、それに似ているかもしれないよ。 天使論、描こう描こうと思いながら、止められてきた感じ。

 主が許したまわば、そのうち書くつもり…

  ナナロク爺ちゃん今日はバス仕事、行くぞッ!
 

おおッ!主にある愛媛のヨブさん。

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月12日(日)16時00分29秒
返信・引用
  キリスト様に仕える者同士の間には、たとい何年か離れていようとも時間の流れは無く、つい先ほどと同じ位置…そのように感じさせられるものですね。
前回、はるみさんが「もうこの板には二度と来ません!」キパッと宣言され、と同時にヨブさんからはるみさんへ呼び掛けの御投稿…その記事にお返事をするために再度はるみさん御登場(己を殺して主に従う篤き信仰に心から感銘を受けました)、主にあるならその矛盾すら美しい…
(また呼び掛けてみて下さい)


>>映画マグダラのマリアを観て、何だか、ソワソワ、あれこれ、色々、様々な考えが、私の頭を過ぎります。

宗教画の題材(キリスト映画)にしてもマグダラのマリアを描くのは魅力的であり、多くの人に関心を持たれます。 でも所詮は聖書から外れた想像の産物で、作者に惑わされることを喜び、ある意味で危険なのです。いくら立派な説教でも、その人の願望を神の御心であるかの如くに語るとき、それは幾ら霊的に感じられようとも嘘の説教になります。 例えば主が十字架に磔にされたゴルゴダの丘、その真下に契約の箱が隠されており、そこへ主の血潮が流れ込み、棺を濡らしたという尤もらしい嘘、多くのキリスト者は騙されています。「信じる者は救われる」…冗談じゃない、巧妙な作り話を信じたって救われませぬ!

私は長年に亘り連れ添った妻の寝顔を見ながら、そこに初めの女性エバがおり、乙女マリアがおり、マグダラのマリアの姿も垣間見ます。母であり娘であり姉であり妹であり恋人であって、全ての女性を代表しているのです。 これまで関わった女性の中に、元娼婦のクリスチャンがおりましたが、彼女はクリスチャン男性と結婚し、その時に戴いた小さな花瓶がトイレの水槽の上に置かれ、診る度にマグダラのマリアを感じております。 掲示板に来て下さった女性陣を思い浮かべますと、皆さん聖書に登場している人のそっくりさん。

 聖書は日常の道しるべ、
  文学書ではなく、哲学書でもなく、議論の叩き台でもありまへぬ。
    リンゴ畑の長野県、ミカン畑の愛媛県、なんす^^
 

スッキリ・・・したいです

 投稿者:レレレのヨブ  投稿日:2020年 7月12日(日)13時26分2秒
返信・引用
  ヨナさん、お久しぶりです。
先日、映画、「マグダラのマリア」を、自宅で観ました。
マグダラのマリア、
それは、イエスさまの妻だったとか、違うとか・・・あれこれ、様々な意見が在るようですが、←私も、あれこれ、色々考えさせられる映画でした。

母マリアから産まれ、マグダラのマリアに看取られたイエスさま。
始まりと終わり。
人間の、この世での肉体的命にも、始まりと終わりがあって。

んーん、命の始まりと終わりは、何なのか?
今の私の命は、何のためなのか?

聖母マリアは、ヨセフとの間に処女受胎して、イエスさまを産んだ。
マグダラのマリアは、イエスさまの妻でもないのに、イエスキリストの志しを、後世に告げ知らせた。

↑この、ふたつのキーワード、何か、気になります
映画マグダラのマリアを観て、何だか、ソワソワ、あれこれ、色々、様々な考えが、私の頭を過ぎります。
何だか、余計に迷い始めたのでしょうか。


 

腰屈め 空缶1つ 拾う夏

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月12日(日)07時47分11秒
返信・引用
  今日は久しぶりに晴れそう…
梅雨が終わって夏到来か…

召使い労働をしていると、いつも誰かに見張られている気分になるが、これって被害妄想? 二階の窓や庭の隅からの視線を感じ、まさかと思いながらもこれが意外に的中しており、擦違う時の態度がニコヤカ。 田舎の人は噂好きであるが、都会人に段々似てきて上辺の付き合い、互いの心を深く知らないのに、ヨナ爺に対し妙に親しげ…

先ほども空缶を片手に持って帰る際、朝鮮婆の二階から出戻り娘の視線を感じたが、あれは私を見ているのではなく、不思議な御方イエス様を見ているのである、と思う。 昨日の午後に擦違ったとき、笑顔を万面に浮かべ、挨拶をされた。 私は自らを戒める…《誤解するな あの笑顔は俺にではなく イエス様に向けられている》。 ただ、20年ほど前、彼女の父親が自殺したとき、私は常会長であったので、皆の前で報告と挨拶「アレは本当にいい奴だったぁ…」、このヒトコトで朝鮮婆に同情が集まった(と元防衛大臣そっくりさんの奥方が言う)。 私は娘の存在を知らなかったが、噂は耳に入っていたかもしれない。 母親似で美人なれど、私は彼女の笑顔に騙されない、が、老顔が崩れそ。おいおいトシを考えろ、何ったってそろそろ世を去る76だもんね… ナロめ。


主のゲボクやハシタメは、誉められ感謝されても決して調子に乗ってはならず、「私はあなたがたのためではなく 主に命じられて為すべきことをしているに過ぎません」という態度を取り続けねば、福音の証し人にはなれまへぬ。
 

神の選民

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月11日(土)07時56分37秒
返信・引用 編集済
  かつては七つの海を支配した大英帝国、
「われらこそ神に選ばれた民族 古代イスラエルの末裔である」と豪語した文献がどこかにあった…《笑わせてはいけない ヤペテ(白)の分際でッ!(古代イスラエルはセム(黄)の子孫)》。

「神の選民」等と言われると“特別に秀でた民族”と誤解され易いが、跳んでも発奮 転んで10分。 エジプトの奴隷として踏み続けられ、そこから脱出した後も周囲から石を投げ続けられ、僅かな期間(ダビデ・ソロモン時代)栄えたかに見えたが、その時すら民族は断崖絶壁。好い時なんざありゃしまへんどした。

神の選びの民族とは…
【見るべき面影はなく
 輝かしい風格も 好ましい容姿もない
 彼は軽蔑され 人々に見捨てられ
 多くの痛みを負い 病を知っている
 彼は私たちに顔を隠し
 私たちも彼を軽蔑し 無視していた】イザヤ53:3

やがて来られるべき救い主(イエス様)のお姿を預言しているのでありますが、そのイエス様の選ばれし民族(神の選民)の姿でもあるのです。捻じ曲げられた歴史書を糺し、真理の光に照らされるなら…何となく日本人、『えっまさか俺? わたし?』とお思いでしょうが、そうです 貴方であり貴女なのです。

【(古代)イスラエルの人々は その数を増し
 海の砂のようになり 量ることも 数えることもできなくなる
 彼らは ロ・アンミ(我が民でない者)と言われるかわりに
 「生ける神の子ら」と言われるようになる】ホセア2:1

現代の日本社会は日本人を装う朝鮮人に支配されておりますが(政財界及び芸能界)、いま世界中に蔓延しているコロナウイルスは、神の選民を避けながら次々に感染していく…(私にはそのように思えて仕方がありません)。

携挙は7年の患難期前?←ワタクシこれには全く興味がありません。

関東大震災・東京大空襲・広島長崎原爆投下・阪神大震災・東日本大震災・熊本大震災…  空前絶後の恐怖を体験した方々にとって、これらが患難期でない筈はなく、もうとっくに始まり、そして終わりを迎えようとしている。偽イスラエルを指差し「今まで以上に恐怖の狼が来るぞ来るぞ」と脅して商売をしているのは職業宗教家だけ?
荒波に投げられた浮き輪に掴まるコ〇ハちゃん、
アップアップしながら周囲を見渡し
『救われてる!?
救出された多くの人が船の上から
『わしらとっくに救われたよぉ~
 コ〇ハちゃんも早く救われなさーい♪

  なんてね^^


 さてと、召使い労働、しに行きまひょ。
 

まる子さん ご心配戴き 有難うございます

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月10日(金)06時27分58秒
返信・引用
  丁度梅雨時で、主は御自身の召使いに『体を休ませよ』と仰せられた感じ、《はい!休まさせて戴きますっ》とお答えし、このところ自堕落に過ごす日々です。

それでも毎朝のヨナ式呼吸体操と軽いウォーキングは欠かさず、今しがた戻って参りました。 歩いていると道端に捨てられ濡れた吸い殻2本、主の御名によって拾います。すると、御言葉が浮かびました。


【世界が造られたときから 目に見えない神の性質 つまり神の永遠の力と神性は被造物に現れており これを通して神を知ることができます  従って 彼らには弁解の余地はありません】ロマ1:20


日本には昔から八百万の神々という信仰がありますけれど、八百万の被造物が神ということではなく、それらを創られた唯一の御方に辿り着かねば一切が虚しい。昔の人は、もしかしたら、解かっていたのでは? 現代人が科学を捏ね繰り回し、見えるものを見えなくしてしまった?

雑草1本を抜き取り、これを創られたときの御心…
霊界電話(草)を耳に当て「もしもし…?」
雨に濡れた吸い殻を見つめ、投げ捨てたであろう人を思い浮かべ「もしもし…?」
“♪ もしもし 亀よ亀さんよ
   世界のうちでお前ほど 歩みの鈍いものはない~
    どうしてそんなに鈍いのか^^”

 へい! 薄鈍(ウスノロ)のヨナ爺でやんした。
  主の召使いにはノルマがありませんよって、
   極力ゆっくりが宜しゅうおます。
  (この世とあの世では価値が逆ですさかい…)
  (ところで関西人はどうして「さかい」と言ふのかね?)
 

(無題)

 投稿者:まる子  投稿日:2020年 7月 9日(木)22時05分39秒
返信・引用
  ヨナさん
肺炎だったのですか。

微熱が続いているのでしょうか?

お大切になさってください。
 

肺炎らしい…

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月 9日(木)06時32分12秒
返信・引用
  主の召使いとして働いていたつもりの者が病に陥るとはナニゴトであろうかと訝しがり、《主よ どうゆうことなのですか?》とお訊ねするが、『いったん主に捧げた身 煮て食われようと焼いて食われようと ご随意のままに…』←この覚悟が有りや無しやと問われた気分。

【老いの日にも見放さず
 私に力が尽きても捨て去らないでください
 敵が私のことを話し合い
 私の命を窺う者が共に謀り
 言っています
 「神が彼を捨て去ったら 追い詰めて捕らえよう
  彼を助ける者はもういない」と
 神よ 私を遠く離れないでください
 私の神よ 今すぐ私を助けてください
 私の魂に敵対する者が
  恥に落とされ 滅ぼされますように】詩編71:9~


信仰者は…
ダビデに限らず、世の片隅に生きる小さな者にも断崖絶壁を歩むことを余儀なくされ、落ちやすまいかといつも冷や冷やするが、鷲の如くに翼を張って昇れる場所はそこしかない。
 

だってよ…

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月 8日(水)06時25分12秒
返信・引用
  48年前、
見知らぬ乞食の爺さんの依頼を受けざるを得ない状況に追い込まれ、嫌々ながら山谷に行ったら戸塚の爺さま(初対面)が待っており、私のために造られた集会所がそこにあってさ、やがて出会う女房の親戚筋がそこの大家となりゃ、アリエル様に平伏すしかねえじゃん。

アリエル様こそ私の主、イエス・キリスト様なんすッ!

 さあ、心の中で《アリエル!》と念じ、
  今日を出発致しませう♪
 

ああ アリエルよ アリエルよ

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月 8日(水)06時08分27秒
返信・引用
  イザヤ29章1節
(エルサレムの象徴的な呼び名で そこの燔祭の壇に与えられた「神の炉」を意味する=聖書辞典より)

怖れるな小さな群れよ、たとい数十億人の口が一斉に『有り得な~い!』と叫ぼうと、神の1節「アリエル(有り得る)!」で完結する。 アメリカ人が眉間に皺を寄せ「関係ないっしょ」と抗議したとしても、日本人である私は「うるせえッ 俺には関係ありまくりだ!」と答えねばならず、邦人と異邦人はどこまで行っても平行線。 アメちゃんの霊性に合わせる必要はニャイ…

「有り得ない…」
 『有り得るッ!』
 

天国へ行かれる前に

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月 7日(火)19時13分49秒
返信・引用
  この板に立ち寄られた方々…

特に凄い真理を言い残して行ったワケではないけれど、今はアチラの住人になっているのだから、せめてコチラで偲ぶ会などを催したいね。
 ああ、唯ちゃん、
  ゆみちゅん、
 ねこたぬちゃん、
   想美ちゃん、
  嫌われ者の紫紋さん…吾亦紅
    ・
 巴旦杏で結ばれまひょ♪
 

神の園エデン

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月 6日(月)06時56分53秒
返信・引用
  混沌化された大宇宙、再生されたのは地球のみ…?

神の園エデンも打ち壊され、気の遠くなるほどの年月を経て、再生された…?

明けの明星と呼ばれた霊肉的存在…
【あなたは神の園エデンにいて
 あらゆる宝石があなたをおおっていた】エゼキエル28:13
初めの人アダムと呼ばれた肉的存在…
【東の方エデンに園を設け
 そこに主の形造った人を置かれた】創2:8

位置的には同じ場所と思われる(霊界と物質界の中間点かもしれないが)
初めは鉱物の輝きに溢れ、再生後は植物の輝きに溢れる。


大宇宙に一点、青い宝石のように輝く地球、我らはそこの住人…
電子顕微鏡を覗いてもよう…
「母ちゃん バス仕事 行ってくるけん」
「はいはい 気ィつけてね」
 

(ΦωΦ)

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月 5日(日)18時25分21秒
返信・引用
  ガキの頃、松田優作似や石橋凌似の不良がおり、本能的に太刀打ちできないと諦め、負け犬の道を歩んだ時期、ありました。 今、如何なるスタイルかをご説明致しますれば、Tシャツに短パン姿で椅子に腰かけ、露出した肌の数ヶ所を黒い藪蚊に刺され、痒いのです。

バシッと仕留めた時の気持ち良さ…

良いものを与えられて生まれて来たお二人、ガキの頃は怖かったけれど、76歳にもなると中身(本質)が見えてくるせいか、藪蚊と同程度にしか思えない不思議。 たぶん、睨めっこしても負けないでしょうなぁ。

>何かしらに守られてる意識はあるわけで、、
(それ私と同じ選民意識かもよ)
選ばれたる者の 恍惚と不安 我にあり (太宰治)
 

ポテンシャルなのか才能なのか。。

 投稿者:DORA  投稿日:2020年 7月 5日(日)16時09分37秒
返信・引用
  >こんな醜い老人の面倒を愛の鞭を持って診てくれる人は…

ってね、、わかりますよ
(ΦωΦ)もアルコール依存症の平均寿命を超えましたわ

何ていうか、何かしらに守られてる意識はあるわけで、、
とてもじゃないけど普通に酒呑んできた人にはワカラン世界でして、
依存症になったらアルコールもシャブも変わらんのよね
要は合法か非合法か、、の違い。それだけよ。

今、自分が生きてるのが不思議なくらいだから
もし「そういうふうに成れるには、どーしたらイイんですか?」
みたいなことを言われても応えられないよね
己で考えろ・・・としか
アタマと身体の限界が来るまでやってみたら…としか (地獄)

(もちろんヨナ爺に偉そうなことを言うつもりはサラサラないですが)


http://6602.teacup.com/knife3/bbs

 

獅子の子落とし

 投稿者:主の召使いヨナ爺  投稿日:2020年 7月 5日(日)07時31分25秒
返信・引用
  獅子とは百獣の王ライオンのことであろうが、我が子を千尋の谷に投げ落とし、登って来れたものを後継者と認める。可愛い子には旅をさせて鍛えようと…厳しい世の中で勝ち残れなければ…と。

しかし、聖書的には獅子への呼び掛けではなく、弱き羊…?
【あなたが帰って来るなら
 わたしはあなたを帰らせ
 わたしの前に立たせよう
  わたしはあなたを この民に対し
  堅固な青銅の城壁とする
  彼らは あなたと戦っても 勝てない
 わたしがあなたとともにいて
 あなたを救い あなたを助けるからだ】エレミヤ15:19~20

病み上がりフラフラ、折れそうな老木ヨタヨタ、杭に掴まる76歳ヒーヒー、
【あなたが帰って来るなら】
《帰って来ますとも!
 あなたの他にどこにゴールがありましょう
 何度も滑って転び 輝く若さは失せたとしても
 私の帰るべき所はイエス様のみもとのみです》

信州貧農村の片隅にある小さなヨナ畑に於いて、このような壮大な語り合いが為されていたなんて、誰が気づいたでっしゃろ?
 ツキノワオヤジが見ていたkamo…?
 

レンタル掲示板
/168