teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(314)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


部屋の空気を入れ替えに…

 投稿者:召使いヨナ爺  投稿日:2020年11月16日(月)05時28分19秒
返信・引用
  只今0155847

01 558 47
オイ ココハ ヨナ畑

 な~んつって独り言、
   掃除終了!
 
 

Re: あらら♪

 投稿者:キリストの召使いヨナ爺  投稿日:2020年11月 8日(日)17時31分19秒
返信・引用
  > アッレー!!!


羊蹄山からの山彦…
 アッレー!!!
 

あらら♪

 投稿者:はぐれ羊  投稿日:2020年11月 8日(日)11時45分13秒
返信・引用
  アッレー!!!
.
 

紫紋さんと同じように…

 投稿者:キリストの召使いヨナ爺  投稿日:2020年11月 2日(月)17時44分28秒
返信・引用
  「ぶどうの枝の掲示板」
パスワードを紛失した?ので、閉鎖できない仕組みなんすが、愛する兄姉の尊い文章も含まれるゆえ、すべて消去するなんてとんでもないと思っております。

それに…
こうして気が向けばいつでも戻れる。
はい。いい加減なジジイなんす!

to、言ふわけ。はぐれ親分。
  あっれー !!!
?
 

あらら

 投稿者:はぐれ羊  投稿日:2020年10月22日(木)13時27分30秒
返信・引用
  ヨナ先輩 まだまだ書けるようですよ 引退は早すぎませんか?
.
 

こんにちは

 投稿者:まる子  投稿日:2020年10月22日(木)13時09分54秒
返信・引用
  >お約束とおり、カウントの数字が55550に達しましたので、これにて一先ず終了させて戴きます。

カウントとは左上の数字のことですか?
それなら155550を超えてますけど。





 

皆さま、

 投稿者:キリストの召使いヨナ爺  投稿日:2020年10月22日(木)06時38分48秒
返信・引用
  『願わくは御名を崇めさせたまえ』

今日まで支えて戴き、

 ありがとうございました。

お約束とおり、カウントの数字が55550に達しましたので、これにて一先ず終了させて戴きます。尚、アチラの『心はいつもホームレス』板は数百人分が残っておりますから、心を込めて?書き続ける所存でございます。

愚板に投稿して下さった多くの方々及び我が駄文に御目を汚された方々、心から御礼とお詫びを申し上げます。今ふっと気づいたコトがあります。

【ガリラヤの人たち
なぜ天を見上げて立っているのか】使徒1:11

これを言ったのは神の御使いなのですが、「白い衣を着た人がふたり 彼らのそばに立って」(新改訳)とあります。しかし、永井訳の新契約聖書では「二人 白き衣にて 彼らに添ひて立てり」となっていて、親しみを感じさせるワケです。御使いは人ではありませんから「二人」という表現は如何かと思いますが、その御使いのひとりが私の耳に囁く感じ、《「ガリラヤの人たち」とはアナタのことですよ》と。
え~~ッ!?
 そうだったんすか

?
 

愛媛と云えばレレレのヨブさん!

 投稿者:召使いヨナ爺  投稿日:2020年10月21日(水)07時35分13秒
返信・引用
  ×o×

はるみさんの所でお会いして
かれこれ10年? 長いお付き合いに感謝しておりマス。
いずれ復活体の新しい身体を戴き、そこでお逢いすることになるでしょうが、ヤーヤーヤードーモドーモとか言いつつ手に手を取ってイエス様を拝する日、間もなくで御座いますぞ。

>黙って、見つめています。
>そんな僕がこの世界に、居るんです。

お有難うごぜますミダT▽T

実は…
はぐれ親分にも叱られたのですが、パソコンを買い替えたときにパスワードやアドレスを変えてしまい、以前のそれ(メモ)が見当たらなく、管理人室から締め出されている状態なんす。黄昏のヨナ爺、外の暗いところで震える姿もお似合いかなと思い、ズルズルと今日に至りました(心チクチク痛みながら)。
「消去依頼」があった場合、管理人室の鍵を壊さねばならず(物置の書類から探し出すのは至難の業)、そういったようなワケで新たに立ち上げようと考えました。そこで(ご存知の御方に)質問、スマホで立ち上げてもパソコンから読み書きできますよね? メカには滅法弱い爺、仕組みは知らなくても平気で打ち込み、井の中の世界へ発信できる不思議を感じ取っていたいのですが…(ある意味で危険?)。

【お前は人であって神ではない】エゼキエル28:2

被造物であって、造物主ではニャイ。
世の中は解らんコトだらけ…
肉眼に見えぬウイルスの壮絶な戦争…
いと小さな所に意識を向けねばあきまへんなぁ…

とかなんとか言いながら
(ヨブさん ご投稿 有難う御座いますハートx2
 

・・・のレ

 投稿者:レレレのヨブ  投稿日:2020年10月20日(火)22時30分26秒
返信・引用
  あのー
ヨナさんの毎日のお話に、どれだけすくわれたのでしょう・・・私の人生。
私は、思います。
誰かが語った動画に共感して、あたかも、それが真実だと、はりつける人。

でもね、ヨナさんは、いつも、毎日毎日、ご自分の言葉と思いで発信して下さいました。
しかも、聖書の言葉でもって。
何度も何度も、共感して救われました。

ん?
ですから、あしたも、そのつぎのひも、毎日毎日読ませて下さい。
黙って、見つめています。
そんな僕がこの世界に、居るんです。

では、またあした・・・
 

レレレ…

 投稿者:召使いヨナ爺  投稿日:2020年10月20日(火)18時42分52秒
返信・引用
  コチラもアチラもカウント55550に達したら一先ず終わりにしようと思い、その旨をアチラに記したのですが、昨日今日とはおもわざりしを…

“つひにゆく
 みちとはかねて
 ききしかど
 きのうけふとは
 おもわざりしを”  在原業平


明日モ1回くらい書けそうですから(“続く”なんてしましたので)、それでお終いにします。今度はスマホで掲示板「願わくは御名を崇めさせたまえ(2)」を立ち上げ、畑から休憩中に打ち込むなんて、何となく格好良くね? バス休憩中とか…(分かっています魅力の無いジジイだってことくらい)^^
キリスト教バベルの塔
サグラダファミリア教会が崩壊すれば世界中が悲しむでしょうが、
信濃のド素人ヨナ板が崩壊したら「アッほうかい」で終わりだもんね 拍手
 

「クレスチョン」ではなく

 投稿者:召使いヨナ爺  投稿日:2020年10月20日(火)07時51分24秒
返信・引用
  「クエスチョン」と書いて下さい。
「うるへぇ!言語は時代と共に訛るんじゃ」

(続く)
 

「神を求めた私の記録」

 投稿者:召使いヨナ爺  投稿日:2020年10月20日(火)07時41分30秒
返信・引用
  という題名の信仰書物、ありましたよね。
読んだことはありませんが、タイトルが心に響きましたので記憶に残り、ちょっと真似してみました。キリスト者が100万人いれば100万通りの記録がありますでしょうが、下品で能無しで自堕落なヨナ人生にもそれなりの求めた記録があって、恥ずかしながら綴ってまいりました。『こんな奴が神に受け入れられているなら私だって(僕だって俺だって拙者だってオイドンだって)というお気持ちに』なって戴ければ幸いデス。

【まず神の国と神の義を求めよ】マタイ6:33

41年前の10月18日、我が家の長男が産声を上げました。
名前をつけねばならず、1週間も考え抜き、ついに『まず神の義を』=『一義(カズヨシ)』と命名し、紙に書き、妻の待つ病院へ行くため意気揚々と身支度をしました。玄関をガラッと開けて外に出た時、突然『その名はその子に相応しからず』との思い?が強く心に溢れ、私は大いに狼狽えます。《主よダメなんすか?では何という名にすれば宜しいんで?》とお尋ねしたところ、聖歌642番“ヨルダンのかなたに”の1節が鼓膜の内側から鳴り響いて心を揺さぶるのです、
“げに我が譲りのカナンの地なり♪”
この「譲り」という部分に光を当てられましたので、絶句《えっ 奪うんじゃなく 譲るんすか》。私と致しましては気に入らなく、それでも逆らえず、田舎で暮らす軽トラ婆(年の離れた姉)に電話して感想を聞きました。『ゆずる?とてもいい名前だと思うわよ!』…姉は教会信仰に熱心なのですが、社会的センスがゼロゆえ、《こんな女に訊いた俺がバカだった》と思い直し、電話帳で「世奈 譲」を調べましたら中野区に同姓同名の御方がおられましたので、ご感想を伺いました。『幼少時にはクレスチョンでしたが大人になった今は良い名前だと親に感謝しています 私と同名なんて光栄ですなぁ』との御返事。迷いながらも、結局、神に従ったワケ。

76歳、「ヨナの人生劇場」監督気分で過去を見つめるんすが
御国に関しては死後の世界と思いがちであったでしょう?
「神の国」と「神の義」は同時進行で求めねばならず、
車の両輪なんすなぁ…
つまり、片方だけじゃ円を描いてグルグル、前方へ走れんとでごわすよ。

53歳まで同じ場所をグルグル回っておりました。
新改訳聖書ミカ6章8節に出会うまでは…
【主はあなたに告げられた
 人よ 何が良いことなのか
主は何をあなたに求めておられるのか
それは ただ公義を行ない 誠実を愛し
へりくだって
あなたの神とともに歩むことではないか】


(続く)
 

ズバッと言われ グサッと刺さる

 投稿者:召使いヨナ爺  投稿日:2020年10月19日(月)07時43分55秒
返信・引用
  1テモテ6:5・6・7

【敬虔を利得の手段と考える人】=【知性が腐って真理を失った人】

【満ち足りる心を持つ敬虔】=【大きな利益を受ける道】

【私たちは何一つこの世に持って来なかったし
 また何一つ持って出ることもできない】


>大きな利益を受ける道
結果は後から付いて来るっちゅうワケですな…
だが、それすら持って出ることはできないんすから、全ッ部を捧げきらねばならないんす。

>満ち足りる心を持つ敬虔
言うは易しで御座いまして、これって我が子を失うほどの苦痛を経た後の敬虔、お分かりになりまふか? アブラハムは真の後継者イサクを与えられ、全てを祝され満ち足りていたとき、
【神は仰せられた
あなたの子 あなたの愛しているひとり子イサクを連れて モリヤの地に行きなさい  そして わたしがあなたに示す一つの山で 全焼の生贄としてイサクをわたしに捧げなさい】創22:2


アブラハムにとって、愛する我が子イサクが偶像になり、ともすれば神への道が遮断されていた。 ゆえに、自分の手で殺して丸焼きにしなさいと仰せられ、断腸の思いで悩んだでしょうが、「はい」と言って従った。 普通の人なら絶対に出来ない。それを成し遂げたからこそ「信仰の父」と呼ばれるんす。

世の富を与えられるっちゅうことは、いつ落ちるか分からぬ断崖絶壁に置かれるということ、実はとても恐ろしいことなんでっせテモテさん。

私の父親は最愛の妻(ヨナ母)を失い悲観に暮れ、次に最愛の長男(ヨナ兄)を失いどん底に落とされましたが、晩年はヨブの如くに美形の後妻を与えられ、静かに御国の住人にされました。


結局つまりアレなんす…
精一杯に働き、精一杯に愛し、
「キリスト様のゲボク
 するべきことをしたにすぎません」
執着することなく次の派遣先へ…♪
 

食事の度に…

 投稿者:召使いヨナ爺  投稿日:2020年10月18日(日)07時20分37秒
返信・引用
  手を合わせ、
 「イエス様 感謝して 戴きます」

チョー簡単ではありますが、
これが我が家に於ける食前感謝祈祷デス。

【これはあなたがたのための わたしのからだです
わたしを覚えて これを行ないなさい】1コリント11:24


ずっと昔の教会時代、私は提案しました。
「聖餐式のパンは形式的サイコロ型ではなく 胃袋が満たされるくらいに大きく切りませんか」…と。
皆さま、憐みつつ一蹴(無視)
キリスト教召使い信仰になった私は、ガッツリ食べて飲んで、肉体労働に挑みます。汗を流し、疲労困憊の中で主を見上げ、健康に感謝しつつ、この身をお捧げしているつもり…

カトリックのカトちゃん司祭…
聖餐式の葡萄酒はキリスト様の尊い血潮、
零したり残したりすれば恐れ多い…
とか言って自分が責任もって飲み干すそうですが、
アル中になるのは職業病なのでしょうね。
酔って不埒な行為に走るのも…?

さて、
 今朝はとても寒いのですが、畑のやり残し作業に勤しまねばなりまへぬ
  お日様が雲間から顔を出しましたのでソロソロ
 

 投稿者:召使いヨナ爺  投稿日:2020年10月17日(土)07時47分11秒
返信・引用
  【私はこの幻のことで 驚きすくんでいた
 それを悟れなかったのである】ダニエル8:27

人間の頭脳では理解できないということ、これが分かった。

今から約50年前、奇妙な夢をみる…
公園の広場に一人の老女がしゃがみ、地面に意味不明な図を描いている。私が立ったまま「それは何ですか?」と尋ねると、図を示しながらイザヤに関することを説いてくださるのだが、さっぱり分からない。すると、老女は持っていた杖で私の脛を“ピシッ”叩き、『こんなことも解らないのですか』と云う。

解らんものは解らん
76歳になっても解らん

ダニエル書に関しても、各神学者の説明に頷きながら、その説ではネジが合わないのでは?との思いを封印。手品師が両手を布で隠しながら「私を信用してください 大きなAのネジに小さなBのナットはピッタリ合いました」と云いながら実物を見せない。それでも観衆は《あの紳士が嘘を言う筈がないじゃん》と思い込み、「さすがに先生 凄い凄い」と拍手喝采。 ノ・。アホ…

【キリストは私たちのために
 ご自分の命を捨てられました
 それによって私たちに愛がわかったのです
 ですから 私たちは兄弟のために 命を捨てるべきです】1ヨハネ3:16

映画「親分はイエス様」じゃ御座んせんが、
蚤の脳みそで分からなくても、親分の命令に愛をもって従う。
愛の無い人にゃ神は見えまへぬ
なぜなら「神は愛(4:8)」だからでゴンス。


※コチラの板もアチラの板も、
カウント55550を見させて戴きましたなら、
尾崎紀世彦また逢う日までオサラバとなります。
前もって御挨拶…
7年間のお付き合い、ありがとうございました。
 

宗教の終わり・キリスト者の慰め

 投稿者:召使いヨナ爺  投稿日:2020年10月16日(金)06時41分33秒
返信・引用
  検索中、このページを見出し、読んで感銘を受けた。


キリスト者とは-それが教会を通してであろうと通さなくとも-、
 神から公的委託を受けた人物である。

キリスト者とは-それが若年であろうと老年であろうと-、
 神から特命を受けた人物である。

キリスト者とは-それが無学であろうと博学であろうと-、
 身近な人々にキリスト者の存在を見せるために召された人物である。


かつて、某教会の身寄りの無い男性牧師が亡くなり、部屋の片づけのために妻は駆り出された。そして感想を述べる…
「足の踏み場も無いほどのゴミ屋敷で凄かった…」
スピーカーは如何に汚くても役割を果たせるならOKなのだが、人間の口から発する言葉はその人の生き様から見られる信用性を問われるので、終わり悪けりゃ全てダメ…となり兼ねない。

>身近な人々にキリスト者の存在を見せるために召された人物である

妄想かもしれない…
私は還暦を過ぎた頃より《多くの人から見られている》と感じるようになり、村バスの運転手ということもあってコチラがアチラを存じ上げなくてもアチラはコチラを知っているという部分もあるだろうが、それ以上に“キリストと共に生きている自分”が見られている感じ。
昨日、イヤヨ運転手がポツリと言う…
「ヨナさんはクリスチャンだもんなぁ」
私は知っている。自分が思い切りいい加減な人間であることを…
だが、落ちているゴミを躊躇わずに拾うトコなんざ、イエス様の従者を意識している。

畑に…
【茨やアザミを生えさせると役に立たなくなり
 やがて呪われ ついには焼かれてしまう】ヘブル6:8

身辺を整理せにゃ…ニャンニャン
 

嘆きの数々…

 投稿者:召使いヨナ爺  投稿日:2020年10月15日(木)07時00分28秒
返信・引用
  【あなたの記録にそれが載っているではありませんか】詩編56:9

振り返れば、正義のための嘆きではなく欲望を叶えられぬための嘆きであったが、それらも神の記録に載っていることを思えば、そしてそれらが私という人間を形成していることをも合わせて思わされるとき、十字架の尊さがズシンと感じる。

神の御前に於いては謙虚にならざるを得ず、
ゲボク…
【しなければならないことをしただけです】ルカ17:10

  ですなぁ…


へい。今日と明日はバス仕事、年齢的に蝋燭の火が消えかかっておりやすが、
【傷ついた葦を折ることなく
 暗くなってゆく灯心を消すことなく】イザヤ42:3
とのお約束がありますんで、頑張って行ってきやす。
 

自称“キリストの召使い”なれど、

 投稿者:召使いヨナ爺  投稿日:2020年10月14日(水)06時14分0秒
返信・引用
  公義を行なうに際し、下僕という意識を持ちながらも内から沸き起こる恩着せがましさとの闘い、《テメーら 俺のお蔭で美しい道を歩けることに ちったぁ感謝しろぃ》この心、醜さの極致である。謙虚さと醜さはコインの裏表の如くにつきまとい、切り離すことは不可能に近い。

【自分に命じられたことをみな果たしたなら
 「わたしどもは取るに足らない者です
 しなければならないことをしただけです」と言いなさい】ルカ17:10

誰に向かって言うのか?
世間さまにですよッ!


先ほど、バス停小屋のゴミを御名によりてヒョイと拾い、ビニール袋に入れたとき(早朝と云えども車を運転する人は横目で見る)、素直な心で《しなければならないことをしているだけなんす》という言葉が浮かんだ。あぁ…ココまで来る道のり、長かったニャー。
多くの人は「キリストを恥じとしない」と言いながら、謙虚さと醜さの闘いが苦しくて、逃げてしまう…
 召使い
  使用人
   ゲボク
    デクノボー
アメニモマケズ カゼニモマケズ
 

ツロよ…

 投稿者:召使いヨナ爺  投稿日:2020年10月13日(火)07時05分9秒
返信・引用
  【あなたは言った
 「わたしの美は完全である」と
 あなたの境は海の中にあり
 あなたの建設者はあなたの美を完全にした】エゼキエル27:3

聖書辞典によると、
フェニキヤの重要な港で古い町
前15世紀にエジプトに支配されたが
ヨシュアの時代には堅固な町であった
ツロの王はダビデとソロモンに友好的で 香伯および大工や石工を送ってダビデの宮殿建築を助けた  ツロの民は戦争を好まず 製造業 商業 航海 植民などを好んだ…

栄えた時代・落ちぶれた時代・其々で、日本の一時期と似たようなツロが何ゆえ堕天使ルシファーの説明になるのか(28章)、首を傾げるところである。

この個所の読み方は、ツロの地理的な場所やその歴史を調べることではなく、悪魔に変貌し易い私の中のツロ部分を探り出し、これを警戒しなくてはならない。「わたしの美は完全である」、このように思ったことは一度もなく、むしろ他者を羨んでいた人生であった。
《本当に…?》
自惚れが強く、
他者を平気で見下げ、
キリストの召使いとか言っている…
昨日、車掌に言われた。
「ヨナさんは格好いい人生を歩んでいるよね」
「俺なんかゼンゼン格好よかねえ(kamo?)」

  気ィつけねばneba
 

老いて衰え

 投稿者:召使いヨナ爺  投稿日:2020年10月12日(月)06時54分44秒
返信・引用
  歯医者にも眼医者にも通わねばならず、《我が肉体は消耗品なり》と呟く…
若いときは鍛えて誇ったこの身体も、今じゃ「爺さん邪魔だッ」と言われ、「お先にどうぞ」組の組長。こんな組長なんてヤダッ!

【朽ちるもので蒔かれ 朽ちないものに復活し
 卑しいものが 輝かしいものに…】1コリント15:42

ワタクシまもなく新しくされた身体で蘇らせて戴きます。
「くちゃいヨナ爺」と老醜(臭)に鼻をつまんでいたオナゴども、
 『あっ』と驚くなよ。


良い地に蒔かれた種とは…
【みことばを聞いて受け入れる人】マルコ4:20
 

コロナ…

 投稿者:召使いヨナ爺  投稿日:2020年10月11日(日)08時35分14秒
返信・引用
  【王たちを嘲り
 支配者たちを嘲笑う】ハバクク1:10

世界の王族たちも支配者たちも皆さん恥じ入るマスク顔の口隠し、手も足も出せずに地団駄踏んで悔しがる。このウイルスは悪魔によって地上にばら撒かれたのだが、それは神が恵みの御手を少し引かれた結果であって(つまり神の御許可を得た上でのこと)=(アメリカ軍が手を引けばシナ軍が入り込む構図に似ている)、ゆえに悪魔の手先となって動くサイコパス的な人畜が跋扈している。

このサイコパス的な良心を持たぬ人を検索してみると、日本は割と少ないらしいが世界には25人に1人いる…とか。冷酷無慈悲な本性を隠して善人を装ってみたり…(えっ俺のこと!?)。

あの人は信仰深い人・愛情ある人・良心的な人・・と言われて喜ぶ人はいるが、信仰も愛情も良心も貸与されたものだと考えれば、それらをお返しした途端に牙を剥いた獣に変身するかもと思えば、ゾッとしますわよね。

社長の家にお金を拝借するためにお邪魔して客間へ案内され、しばらく待たされ床の間の生け花を眺めつつ、何気なく机の下に目をやった。すると1万円札がホコリを被った状態で落ちている。空腹で待つ我が子や爺ちゃんの哀れな姿が脳裏を過り、ネコババしようかと一瞬躊躇った…
《絶対に気づかれないとは思うが罠ということも有り得る
 人を試す時によく使われる手だからなぁ》←利口な人はココまで考える。拾って正直に「落ちておりました」と差出したほうが絶対に得。10万円借りようかと思ったが、これなら20万円は借りられそっ。
 ところが社長は役者が一枚上、
  これではサイコパスかどうか見分けられませぬ…
「なに10万円を貸してくれだと? 返せるのか? 1万円なら貸してやる ほれ持ってけ」と財布から抜き取って放り投げた。《ケチなド狸め》と恨みながら玄関で靴を履く(見送りなど勿論されない)…おっ、下駄箱の下に500円玉が落ちている。彼は当り前のように拾ってポケットに入れ、帰って行く。ここでサイコパスの烙印を押される。

これがもしキリストの召使いヨナ助くんなら(今のトコロ借金するなんて有り得ないことだが)、イエス様に見られていると分かっているので、その500円玉を下駄箱の上に置いて帰る。すると監視カメラで覗いていた社長が追い掛けて来て、「20万円 必要なんだろっ?」と言いつつ手渡される。神の人は霊的に賢いから、ここまで打算が働く。

それにしても、ハバククさん!
何ゆえサイコパスの話しになって、
社長の家から借金するハメになっちゃったの?
 

ワクチン接種を受け入れるのは義務なのよ

 投稿者:召使いヨナ爺  投稿日:2020年10月10日(土)07時17分17秒
返信・引用
  デイサービスの介護士から聞いたハナシ、
「拒むなら辞めて戴く」



【万軍の主よ
 人のはらわたと心を究め
 正義をもって裁かれる主よ
 私に見させてください
 あなたが彼らに復讐されるのを
 私は訴えをあなたに打ち明け
 お任せします】エレミヤ11:20


ワクチン接種…
私ヨナ爺はインフルエンザ予防接種を一度も受けたことはないが、「たといシルバーから派遣された労働者と云えども福祉に関わる仕事に従事するならば是が非でも受けて戴く」と謂われそうな方向が見えてきて、非常にヤバイ…と感じている。子羊村・バルナバさん御紹介の動画を観るまでもなく、いずれ開発される(既に完成している?)コロナワクチンに警戒している人が多いのではあるまいか…?
 接種した人
 しない人
この二種類に分けられ、それは「マスク無しでは店に入れません」と同じように物の売買することも不可能になって、黙示録の預言が実現するのかもしれない。

この2月頃(ここにも書いたと思ふが)、コロナウイルスに悪魔的な怖さを感じると共に、《選民を避けて通る》という安心感もあったが、空気に支配される日本社会ゆえ無意味なマスクを着用せざるを得ず、バス運転するときや買物するときに人さまの目を気にして掛けていた。だが、コロナワクチンは伊達マスクと異なり、人体に埋め込まれるのだよね。

まず、欧米社会が我先にと競って受け、奴隷化されていく…
日本は? お金持ち優先になるんでがしょうなぁ…
お金を払い痛い目に遭って家畜にされるなんて…
 コワ コワ
 

神に従う者

 投稿者:召使いヨナ爺  投稿日:2020年10月 9日(金)06時02分1秒
返信・引用
  「従う者」とは
単に“所属する者”とか“賛同する者”という意味ではなく、与えられている任務(才能)の中で示されたことをその都度実行する者のことであり、何もしなければ従者とは言えずに只の役立たず。

【神に従う者はその道に歩み
 神に背く者はその道でつまずく】ホセア14:10

天皇には天皇の任務、大臣には大臣の任務、下っ端には下っ端の任務、下(ゲ)の下(ゲ)な奴は道端の草むしりとかゴミ拾い…
(わしゃゲのゲか!?)(そのとおり)。

如何なる任務も謙遜でなくちゃ果たせませんぞぇ…
この世は謙遜学校、日々学ばせて戴き、感謝でありやす。
日本人はペコペコしてりゃ間違いねえ…

今も速足で歩いて来たんすが、身体は大丈夫!
されど、昨日・何をやったのか、何を食べたのか、思い出すのが困難…
人さまの名前も咄嗟に出て来ず、会話も屡々途絶える。誰しもが通る道なのか…?
記憶パイプの詰まりなら、御霊の息吹を送り込み、こびりついたカスを取り除いてくだせえ。ヘイッ、今日はバス仕事なんす^^♪
 

シオンを仰ぎ見よ

 投稿者:召使いヨナ爺  投稿日:2020年10月 8日(木)06時56分16秒
返信・引用
  シオンが訛ってギオンになり、京都の祇園祭が今も行われているという説…
エルサレムを日本語に訳すと平安京になるらしいから、様々な風習や言語から考察しても「古代イスラエル=日本民族」満更デタラメでもなさそう…
信仰は心の世界であるから、地理的な場所や建物はどうでもよく、「シオン=ダビデの町=救い主イエス様のお生まれになった所」それは私たちのただ中にある。面白いことに、この説を唱えると狂ったように反論する学者が多く、その人たちは牙を剥き、まるで闇に操られている顔になる。 私たちが聖書的に異邦人であるならそれはそれでよいし、もし古代イスラエルの末裔であるならそれなりの役割(責任)を果たすことになるから、それはそれで大変と思えるゆえ、実のところ…どっちでもよい。

【シオンを仰ぎ見よ 彼らの祝祭の都を
 あなたの目はエルサレムを見る
 それは安らかな住まい
 移されることのない天幕
 その杭は永遠に抜かれることなく
 一本の綱も絶たれることはない】イザヤ33:20

昨夜から雨が降り続いている…
たとい嵐が来ようと我が心のシオンは揺るがない…
移されることのない信仰の天幕…
 

>全て最善にコトが運びまふ。

 投稿者:召使いヨナ爺  投稿日:2020年10月 7日(水)19時48分35秒
返信・引用
  これは《?》…

来月軽井沢の教会で挙式する次男坊、
先ほど妻に電話…
「式費用〇百万円出して欲しい」
 と
「今頃言ってるよ」
それを聞き、
はらわた煮えくり返るヨナ父ちゃん…
「バカ息子めぇ 金もねえのに盛大に挙式するつもりだったのかぁ 1年以上も同棲していたくせにぃ この金食い虫の親不孝者ッ!」(もう出席するのがイヤになった)。

 身内の十字架、担わざるを得んか!?
  ドブに捨てるような現金
   被災地に送った方が
     よほど
      い
      い
       と
      思
      っ
      て
      み
      た
      り
 

マリアは良い方を選んだ…

 投稿者:召使いヨナ爺  投稿日:2020年10月 7日(水)07時53分22秒
返信・引用
  ルカ10章42節
【必要なことはただ一つだけ】
とするならば選択の余地などなく、
「マリアは良い方に進んだ」とするべきなのだが、姉マルタを諭すためにあえて仰せられた。

私は信濃の貧農村に選んで住み着いたのではなく、神によってこの場所に置かれたという意識があるので、外部のことなど気にせずに進み、ここで神の栄光が現れるように祈り、いのち尽きたら植木等・ハイそれまでぇよぉ~♪

世はコロナ不況の真っ只中で、来年はもっと酷くなるかもしれないというのに、テレビはあえてそれを隠すかのように「マスクを着けて出かけよう」などと楽しい映像で煽る。人さまの各家を覗けば深刻に『生きるか死ぬか どうしまひょ!?』と頭を抱えて悩んでいるのに…

キリストの召使いヨナ爺が、先ほどの“いのち尽きたらハイそれまでぇよぉ~”と喜んで言えるのは、【生きることはキリストであり 死ぬことは利益なのです(フィリピ1:21)】と書かれてあり、わしゃ神の国の人間で神さま御自身が保証して下さるけぇ余計な心配する必要はニャンニャンなんす。そうゆうオヤジですけぇそこに繋がる妻子にも祝福が齎され、全て最善にコトが運びまふ。


召使いに応募するには恥地獄を通過させられるかもしれませんが、
【わたしを尋ね求めるならば見いだし
 心を尽くしてわたしを求めるなら わたしに出会うであろう】エレミヤ29:13
世の人と同じように「生きるか死ぬかどうしまひょ」と悩み続けるのではなく、川をピョンと飛び越えてキリスト側に立ち、大切な家族すら神に一時付与されているに過ぎないことを認め、何ものをもキリストの上に置かないことを決意する。そうしちまえば後はラクチンでっせ…
 

わざと…?

 投稿者:召使いヨナ爺  投稿日:2020年10月 6日(火)07時09分54秒
返信・引用
  【畑で穀物を刈入れるとき
 一束畑に忘れても
 取りに戻ってはならない
  それは
 寄留者 孤児 寡婦のものとしなさい】申命記24:19

多くのリンゴ農家は、小鳥たちのためにと言い、果樹に3つか4つ取り残してある。もしかしたら、御先祖からの言い伝えが意味を失い、潜在的な囁きに従っているのかもしれない。岩なる神…大きな岩にしめ縄を張るのもその名残りかもしれず、そろそろ目覚めて本質を知るときなのだろうか?


今朝は2時間も寝坊してしまった。それでも呼吸体操をしていつものコースを歩き、畑に立ち寄る。
 “ヨナ畑 リンゴを3つ 取り残し”  惨茶
本日もバス仕事
急がなければ…
 

10と5

 投稿者:召使いヨナ爺  投稿日:2020年10月 5日(月)06時33分4秒
返信・引用
  “床屋に行かねば…”

【人生の年月は七十年ほどのものです
 健やかな人が八十年を数えても
 得るところは労苦と災いにすぎません
 瞬く間に時は過ぎ 私たちは飛び去ります】詩編90:10

この個所は人間に「いい加減に悟れよな」と教えているのですが、劇団員は自分らの名演技に酔い痴れ、舞台から降りて普通の人に戻りたくないようです。
愛する息子を事故で亡くした母親…
死に顔に頬擦りしながら泣き叫ぶ。
「みつひこちゃ~ん ママを遺して行かないでぇ~
 あなたのいない人生なんて クリープを入れない珈琲みたいよぉ~」
ヨナ爺曰く、
「みつひこくんは一足先にアチラに引っ越しただけですよ
 あなたも直ぐに引っ越すことになりますから
 コチラでの貴女に与えられた任務を果たし終えなされ」
ママ役グッと睨む涙目、
「うっさい!私は愛ある母を演じてんのよッ ここでヘラヘラ笑ったんじゃ首切りもんでしょ 既にアチラサイドのくせにコチラ側で召使い面したヨナ爺と一緒にしないでッ ショボチンのバカジジイ 邪魔すんな~  あっちへ行けぇ~~」


  モ少し品よく言って…
 

ゴグよ…

 投稿者:召使いヨナ爺  投稿日:2020年10月 4日(日)07時26分16秒
返信・引用
  【あなたはわが民イスラエルに攻めのぼり 雲のように地をおおう
終わりの日に わたしはあなたたちを わが国に攻め来たらせ あなたをとおして わたしの聖なることを諸国民の目の前にあらわして 彼らにわたしを知らせる】エゼキエル38:16


聖書は私たち信者に語り掛ける神の御言葉であるとするならば、私にとってのゴグとその配下とは、何者なのであろうか…?「ちゃうちゃう 中東に目を向けなさい 聖書の預言どおりにコトは進んでいるではないか! メセクとトバの大君であるゴグはイスラエルに攻めのぼろうとしている」とムキになって言いたがる神学者は多いが、そんなことは信濃の貧農村に住む召使いヨナ爺には関係ねえッ。本質から目を逸らさせようとして、サタンの配下が聖書利用の脚本とおりに演じさせ、やれイスラエル国の再建とか やれ第三神殿と騒いでいるが、それは滅びに至る広い道、広い門…“偽ユダヤめ”。
(おっと四方八方から礫が飛んで来るイテテテテ)


私がシルバー人材センターに加入すると、目の前にハゲ狸さんが立ちはだかった。預言者エゼキエルは、ゴグとゴグの同盟者とを、神の国に手向かう異教徒の型として用いた。ゴグという名はルデアの王家メルムナデの首領ギュゲスから借りたものと思われる。彼は王の腹心の親衛兵であった。BC700年ごろ、その君主を殺し、ルデアの王位を奪った…彼はBC662年ごろ殺された。(聖書辞典)

ひな型ゴグのような存在が、末の日…見えぬイスラエルに攻め上り、脅し続けることになろう。ハゲ狸め、10年間も私を苦しめやがって、今は潰され虫の息。 ヨナ爺の小さな公義をとおし、キリストの聖なることを村民の目の前に現わし、神を知らせる。


というワケでごぜえますだよ。偽国家イスラエルの動向に注目される方々よ、イエス様への信仰と示される細き道と狭き門、ともすれば見失いがちになりませんこと?
 

ゴミを抱えての帰り道…

 投稿者:キリストの召使いヨナ爺  投稿日:2020年10月 3日(土)07時22分46秒
返信・引用
  旧約聖書エズラ記が心に浮かぶ。
(羊の群れと山羊の群れ)

民衆「外国人妻を迎え入れたってエーズラ!?」
エズラ「イスラエルが12支族になってから以降はダメッ」
民「じゃ妻子と離縁しますっ」
エズラ「そうしろ」

理不尽な話しではあるが、実際に起こった歴史的事実。
【祭司エズラは立ち上がり 彼らに言った
「あなたがたは神に背いた 異民族の嫁を迎え入れて イスラエルに新たな罪科を加えた  今 先祖の神なる主の前で罪を告白し 主の御旨を行ない この地の民からも 異民族の嫁からも離れなさい」 会衆はこぞって大声で答えた 「必ずお言葉どおりにいたします」】エズラ10:10

自分個人の問題ではなく、古代イスラエル人の存亡が係った出来事ゆえ、多くの者が愛する妻子を捨てた。異民族の女を娶るということは、異民族の偶像神をも受け入れることに繋がり、1000人の異民族妻を迎え入れたソロモン王の罪によって国が分裂したように、必ず霊性が壊れる。
見た目じゃ判らんがのぉ…

日本人が外国女性を娶るとき、その女性の遠い先祖が亭主と同族の場合も有り得るが、それはどーなの? 教えて爺ちゃん。
「オラが決めるワケじゃねえから分かのラン
  神さまの御業が為されるから 見てろぃ」

世界中に蔓延しているコロナウイルス、
神の刻印が押された人は、
絶対に感染しないと思えるが、
根拠が今一掴めなくて。
遺伝子による識別を早くやって欲しい…
 

もし神が私たちの味方であるならば

 投稿者:キリストの召使いヨナ爺  投稿日:2020年10月 2日(金)17時24分56秒
返信・引用
  誰が私たちに敵対できよう(ロマ8:31)


私たちはキリストの贖いを信じ、かつての偶像崇拝の罪は悔い改めて赦され、その後は常に導かれている。だが、時には嘲られ、騙され、呪われ、打ちのめされ、ぐったりすることってあるよね。そのようなとき、神は私たちの味方ではないのかと訝しがるが、
>常に導かれている
その導きに常に逆らっていないだろうか?

ある財閥が近くに居たとする。
彼は村民のために橋や道路を造ってくれた。誠実で多くの人間に信用され、容姿端麗なので女性ファンも多く、男たちにもリーダー格として敬っていた。私がある問題で苦しみ「あの人に頼みに行こう」と思いつくが、私と個人的な繋がりがなければ“ヨナ爺は私の味方”とは言ってくれず、仮に借金があっても立て替えてくれない。当り前だよね。お抱え運転手とか下僕として働ければ別だろうが…

イエス様によって霊魂は救われました。
やがて復活体を約束されました。
で、生きている肉体期間、神に味方して戴けるようなコト、何かしてる?
 

聖歌604番

 投稿者:キリストの召使いヨナ爺  投稿日:2020年10月 1日(木)06時54分40秒
返信・引用
  おじいちゃん←ドネオさん


1)望みも消えゆくまでに 世の嵐に悩むとき
  数えてみよ主の恵み 汝(な)が心は安きを得ん

   数えよ主の恵み 数えよ主の恵み
    数えよひとつずつ 数えてみよ主の恵み

2)主の賜いし十字架を 担いきれず沈むとき
  数えてみよ主の恵み つぶやきなどいかであらん

3)世の楽しみ富 知識 汝が心を誘うとき
  数えてみよ主の恵み 天つ国の幸を得ん


【エフライムは兄弟の中で最も栄えた
 しかし熱風が襲う
 主の風が荒れ野から吹き付ける
 水の源は涸れ 泉は干上がり
 すべての富 すべての宝は奪い去られる】

富める地位から貧しさの真っ只中に落とされた人は悲哀であろうが、もともと貧しかった人にしてみれば いつもと同じ暮らし、別にどうってワケではない。高い所に居る人は《底辺のヨナ爺みたいにだけはなりたくニャイ》と思い、コロナ不況に怯えてんだろうなぁ。 持てる者の不自由と持たざる者の自由、どっちが幸せなの蟹ぃ…
 

見よ!

 投稿者:キリストの召使いヨナ爺  投稿日:2020年 9月30日(水)06時26分15秒
返信・引用
  【そのときわたしは
 お前を苦しめていたすべての者を滅ぼす
 わたしは足の萎えていた者を救い
 追いやられていた者を集め
 彼らが恥を受けていたすべての国で
 彼らに誉れを与え その名をあげさせる】ゼファニヤ3:19

彼らって誰のこと?
キリスト教国の人?
ちゃいまんねん。
其々の場所に於いて、キリストに単独で従っている人たち。
遠くの偽イスラエル国に行くことではなく、いま置かれている所、そこに神の栄光が現れるざますのよ。あたしゃ忘れた頃にフッと思い出すパレアナちゃん(60年前に読んだ小説)、「教会の婦人会は遠くの貧しい子に援助しようと努めているけど 近くの貧しい子に対しては無視…」(教団からの点数になりませんものね)。


救いに至る細き道と狭き門、これって茨の道をあえて歩くことではなく、あなたの居る場所に訪ねて来られたイエス様を迎え入れ、その地域で主と共に歩くことなんす。私にイエス様をお乗せする高級車はありませんので、軽トラの助士席…(まさかと思われるでしょうが 喜んで乗って下さるんすよ)。恥を受けるときも共に受けて下さる。この道こそ我が救い…
 

金持ちが天の国に入るのは難しい

 投稿者:キリストの召使いヨナ爺  投稿日:2020年 9月29日(火)07時07分55秒
返信・引用
  【重ねて言うが
 金持ちが天の国に入るよりも
 らくだが針の穴を通る方がまだ易しい】マタイ19:24

富(金銭 才能 美貌 欲望)への執着心は強力接着剤のように張り付き、渾身の力を振り絞っても離れない。らくだが針の穴を通る…つまり不可能であるゆえ、「神には何でもできる」己を捧げきって神に委ねるしかない。植木職人は他人様の庭を綺麗にしたら、道具を片付け、貧しい我が家に帰る。いくら執着して仕事をしても、その庭は自分の所有になるワケではなく、僅かな日当を貰い「アンタの仕事は気に入った 達者で生きていたなら来年また来てくれ」とか言われ、「ありがとうごぜえます」と礼を言いつつ立ち去る。 だが、自分自身の問題になるとケチで貪欲、神に捧げるなんて以ての外、1円たりとも握って離さない。
『まさか!? あたしゃ神社の賽銭箱に500円も放り投げたよ』
それで家内安全商売繁盛が約束されるなら、たかが500円、お安いもんさ。

キリストの召使いヨナ爺だって天からの見返りを求めて奉仕している部分があるんすが、たとい見返りが無くても神に栄光を帰せたなら大満足(この満足が見返りかもしれまへぬ)。健康が支えられ、事故もなく、日々平凡に暮らせる恵み、これだけで有難てぇことでごぜえますだよ。

親の無償の愛っつたって、自分が老いて動けなくなったら子に面倒を診て貰いたいという打算付き、これを隠して可愛い可愛いと言うんすから、人間は如何なる行為にも必ず見返りを求める生き物なんすなぁ。

“涼む秋しみじみ見つむ針の穴” 惨茶

こんな私ですけぇ
神の憐みに寄り縋り
今日と明日、村バス運転してきます。 チャオ
 

「『できれば』と言うか…

 投稿者:キリストの召使いヨナ爺  投稿日:2020年 9月28日(月)07時06分28秒
返信・引用
  信じる者には何でもできる
その子の父親はすぐに叫んだ
『信じます 信仰のない私をお助けください』」マルコ9:24

信じるというのは信仰の持続であり、信じ続けるという意味ゆえ、昨日までは信じていたがモ止めたなんてぇ心では御業は現れまへぬ。 そのような薄氷信仰では「や~ね」と嘲笑され、“ん!?”や~ねと云えば我が家の駐車場の屋根作り、息子の大型乗用車は通路から若干斜めに入れるため構造上の問題があって(柱の位置とか)、3年間も考えておりました。“ハタッ”1ヶ所だけ鉄パイプの吊り屋根方式にしようと思いつき、資材を買い求め3日で完成しました。 また、物置小屋の波板が古くなり、部分的に壊れて雨漏りがするので張り替えねばと思っていたのですが、面倒なために3年間も放置し《やらねばやらねば》と完成した姿を頭で描き続けていたのですが、今月の初め…ついに重い腰を上げ、古い板を剥がし、横骨を追加し、新しい板を張り替え、3日で完成したので御座いますのよ。

この物置小屋なのですが、約35年前にアルミサッシ会社の販売員が訪問し、「お宅様の家は県道から旨い具合に見えて宣伝になりますからチョー安値で建てさせてくだせえ」と言うので、以前から欲しいと思っておりましたから渡りに舟、すぐ了承しました。完成してから数日後に警察が来て、物置小屋をジロジロ見つめ「これらの資材は全て盗品です」
「ななな なんと!」
「撤収は致しませんが一応お知らせに…」

神さまは〇〇を通し、応答してくださる。
病人は医者を通して治される場合があり、貧乏人には仕事を通して生活を支え、ヨナ爺には泥棒を通して願いを叶えられた。 まっ、いずれにしましても、時と手段は主にお任せし、『叶う』という信仰を持ち続けることが肝要。「癒される」という希望的信仰を持ち続けて死んだ病人と、「癒されない」という諦観的信仰を持ち続けて死んだ病人、エライ違いでっせ。
 世に生きてりゃある程度は叶いまっする♪ga、
  感謝と奉仕を実践で現さにゃ、霊界の担当者がががが…
 

>弱者を虐げる者は造り主を嘲り

 投稿者:キリストの召使いヨナ爺  投稿日:2020年 9月27日(日)14時04分31秒
返信・引用
  ある統計によると、
夫の不倫は約70%
妻の不倫は約30%
合わせて100%の地獄…

良識的な夫婦を演じていても、舞台裏を覗くと凄まじい。

これは聖書が教える【淫らな思いを抱いて他人の妻を見る者(マタイ5:28)】ではなく、男女が越えてはならない一線を現実に越えて関係を持つことなので、聖書を基準にするならホボ全ての既婚者は姦淫の罪を犯し(あるいはその被害者となり)、地獄に投げ込まれるような恐怖に怯えているのではあるまいか?

不倫行為は、妻あるいは夫への裏切り、即ち神への裏切りになる。

神を裏切りつつ捧げる賛美や祈り、受け入れられるワケないっすよね。《1000人のオナゴを愛したソロモン大王ほどではありませぬ》と仰りたいでしょうが、若いときゃ毎日の通勤満員列車の中で・事務所の中で・飲み会の席で・・心は乱れに淫れ、卑猥な思いは水が上から下へ勢い良く流れるが如し。 哲学的なことを考えているような難しい顔をしながら、スカートから見える下着を本能的にチラチラ。 1000人を軽く越えておりまへぬか?

『えっ!? ゲゲッ
心で妻をささやかに裏切っていたコト屡々
 それが神さまを裏切ったことに繋がるなんて
道理で茨の道を歩まされていたワケだわ 本能的スケベのヨナ助くん』

幸せな暮らしをお望みならば、
不倫行為は絶対に止めませう
 

選びについて言えば…

 投稿者:キリストの召使いヨナ爺  投稿日:2020年 9月27日(日)07時13分20秒
返信・引用
  【先祖たちのお蔭で神に愛されている】ロマ11:28

先祖たちと言われても…
遠い所(信仰の元祖)はアブラハムであろうが、この肉眼で見たのは父と祖父までのこと、家系図が無いから如何なる人たちで・どのような経緯を辿って来たのか、全く分からない。しかし、心の世界は大まかな部分(感じ方)が一緒ではあるまいか?、違って見えるのは母親によって色付けされているだけなのかもしれない。

諏訪湖畔に暮らしていた祖父は何ゆえ飯山の女性(祖母)と結ばれ、信濃に暮らすことになった父は何ゆえ両親のいない4姉妹の次女と結ばれ、東京に暮らしていた私は何ゆえ山梨の女性と結ばれたのか、自分自身のことすら分からないのだから、赤い糸(神さまの御計画)としか思えない…


父がキリスト様に出会ったのは、訪問販売に来た行商人を通してらしいが、その父の信仰による生き様を土台にして今の私がある。 まさか老いてからパソコンを覚えさせられ、この掲示板に7年以上も駄文を書き続けることになろうとは、お釈迦様でも気づかなかったろう。


(これから村の環境整備 ビーバー担いで行って来やす)
 

目覚める寸前に見た悔やみ夢…

 投稿者:キリストの召使いヨナ爺  投稿日:2020年 9月26日(土)08時32分32秒
返信・引用
  《今日は27日 村の環境整備の日(8時より) 大型スーパー店の出入り口に生える雑草が酷いから(店長はズボラなので無関心) ビーバーで刈り取りたいが 混合油が無い ああ昨日のうちに買っておけばよかったなぁ》と…苦い心で起き上がり、いつもどおりウォーキングから戻り玄関をガラリと開け…《アレ?今日は土曜日でねえの?26日じゃん》と気づいた。 するってぇと、ビーバー機の混合油を買って明日に備えるじゃん。ってぇコトは、
>ビーバーで刈り取りたいが
イエス様から《思っているだけではなく実際に刈り取りなさい》←斯くの如く夢で示されたのであろふか? はい、分かりました。従いますッ。

49年前、毎日2時間祈祷の際、突然…
《部屋を掃除して わたしを待ちなさい》
というお声を聴いた…
私は目を開き“誰?”という感じで周囲を見回す。
もちろん、誰もいない。
幻聴なのかな?
もし仮にイエス様からの御指示なら…絶対に従わねばならんが、たとい幻聴であったとしても部屋を掃除するのは悪いコトではない(物が無いから散らかっていないにしても)。そう思いながら1時間かけてボロアパートの4畳半を磨き上げました。終えると跪いて御報告の祈り、「イエス様 仰せに従い 掃除しました」と“しました”の“た”と同時に部屋の扉をノックする音。初対面の乞食の爺さんです。山谷奉仕活動に行かざるを得ないハメになり、私が管理するようになった伝道所に妻になる人は出席せざるを得ないハメになって、紆余曲折を通らされ、今日に至っておりまふ。

明日、大型店舗出入り口の雑草、刈り取るのが主の仰せでなかったとしても、綺麗にするのは悪いコトじゃないっすもん。お客の乗用車が出る際、雑草が邪魔をして左右が見えずらいんすよ。私が明日やる行為は断じてゴマすりではありまへぬ。お客のことや店のことや環境美化のコトなど知ったこっちゃない(やっぱイエス様への忖度ソンタクkamoよね~^^)。
 

弱者を虐げる者は造り主を嘲り

 投稿者:キリストの召使いヨナ爺  投稿日:2020年 9月25日(金)07時23分29秒
返信・引用
  造り主を尊ぶ人は乏しい人を憐れむ  箴言14:31


どうしたって神の御国への入口にゃ弱者や乏しい人が門番の如くに立って居て、彼らが御主人さまに報告しようとする。
「おいッ 一々報告するこたぁねえ 俺らはキリスト信者だぞ 御国に入るのは当然の権利ッ!」
「それなら別の門からお入りください」
「別の門? どこにあるだ」
「舗装された広い道を少し行きますと大きな凱旋門があります」
「おお それこそ俺らに相応しい ご苦労であった」
「でもそこには御主人イエス様が居られましね」
「いなくたって見栄通りで神学的儀式に参加できりゃそれでいい」


3歳の頃からイエス様を存じ上げていたヨナ爺は薄ら知識でそのことを知っておりましたので、弱者や乏しい人に卑屈な態度でゴマを擦る。 そのときには偉大な学者や金持ちにゴマ擦ったって屁の蓋の役にもたたん…
 

隠したってしゃーなぃ…

 投稿者:キリストの召使いヨナ爺  投稿日:2020年 9月24日(木)06時30分14秒
返信・引用
  「陰徳(いんとく)」
意味
人に知られないようにしてする良い行ない。
報いは巡り巡って自分に来る…

それとは似ていながら意味合いが異なるのが、
聖書の「善行は隠して為せ(マタイ6:1~)」でアル。

意識を向けているのが「人(被造物)」か「神(造物主)」かの違いであり、被造物にどう思われようと問題ではなく、大切なのは この小さな行為を 造物主に受け入れられているかどうか、ココにありますのよ。「あの人 変わっているけど 取り敢えず立派だよね」←こんな糞袋の褒め言葉など気にせず、目に入ったゴミを片付け、弱者に手を差し伸べる(出来る範囲で)。つまり、神さまの次元で見る…


昨日の朝(仕事の合間)、芝生の中のゴミを拾い集めている姿を元ポリ運転手に目撃され(彼は元警官のサガで怪しい動きを見逃さない)(待機時間はひたすらウォーキングに励む70歳)、私が何をしていたのかを察すると「やろうと思ってもなかなか出来ないコトですよねぇ」と感心する。そこであたしゃ講釈爺に変身…
「あのな
 近所に住む元校長と飲む機会があってな わしが『退職後は暇を持て余しているでしょう』と訊いたのよ  そしたらニコニコ笑って『日々ウォーキングに勤しんでおります』と抜かしやがるから教えてあげた  『歩くだけならバカでもできます 小さなビニール袋を持ち タバコの吸殻その他を拾って歩きなされ 道を美しくするよう努めるのです』 すると さすが元校長 倫理を読み取るのが早い 本当にゴミ拾いを始めやがってなぁ アチコチでその姿を見た もう6年にもなるぞ」

元ポリちゃん
「うう…(バカでも出来る)」

小さな善行を実践するにも背後で大きな準備を要します。
例えば、拾い集めたゴミを如何に処理するか(処理場の確保)
私の場合、雑草は畑で堆肥にし、少量のゴミは物置小屋の村指定袋に溜め置き、月水金に出します。手間代と袋代は献金のつもり…
 

実は…

 投稿者:キリストの召使いヨナ爺  投稿日:2020年 9月23日(水)06時50分22秒
返信・引用
  【私自身も(怒り狂い)
あのナザレ人イエスの名に大いに反対すべきだと考えていました】使徒26:9

厳格な聖書学者パウロが、ステパノや他の信者を通し、信仰によってイエス様を垣間見たとき、激しい怒りに襲われています。 現代社会にも聖書に通じた似たような人が居て、ある日…聖霊に触れたとき、激しく怒り狂うのです。自分の心の王座から自分が降り、大いなる御方に座って戴き、平伏して拝さにゃならんからです。それまでは博学の自分が神として君臨していたのに、その辺にウロウロしているペーペー信者と同じ位置に座る屈辱、これに堪えられないのです。
日頃、敬虔な顔の教師…

「俺さまに道端のゴミを拾えだと!? ざけんなあッ!」

でも、いのちの水や金鉱に辿り着ける辺鄙な土地はその場所にしかないことが分かると、半沢直樹的に土下座せざるを得なくなる。 大和田役・香川照之の土下座、黒崎役・片岡愛之助の金潰し、名演技でしたなぁ…


 わたくしですか?
  本日はバス仕事なんす。
   76歳、爺ちゃん運転手!
    車掌は沖縄出身 寅年 一見しとやかなウメ子さん
 

人生は芝居のようなもの…

 投稿者:キリストの召使いヨナ爺  投稿日:2020年 9月22日(火)15時10分31秒
返信・引用
  この掲示板が始まる前、
はるみさん「イエス様の宝石箱」のスレッドに
『主にある田舎芝居大根役者』
というタイトルで相変わらずの駄文を書かせて戴いた。
(あの板が閉鎖に追い込まれたのは私のハチャメチャ文に原因があると今でも思っており 大変申し訳ないことをしたと悔い改めております)


俳優が絶対に出演したくない芝居があるとすれば、キリスト者の生涯を、脚本を見せずに聖書だけを与え、脚本とおりに演じさせるお仕事…《だれを演じたらいいのだッ 俺を!? 今更どうやって???》。監督は怒鳴ってダメ出しばかり…
 やっていられねえッ!
完璧に近い演技とは、信仰を持ってイエス様のおられる道を歩み、それが暗くて侘しく損な道と分かっていても常にそちらを選び、初めはブツブツ愚痴を言ってもいいから歩き続ける。これってラクに思えるけれど、意外に難しいんすよ。 だから、「金持ちが天国に入るのは、ラクダが針の穴を通るようなもの」と仰せられたように、この世の富(才能や世間体)が思い切り邪魔になる。そうジャマイカ、諸君。

 老いてショボクレチンボのヨナ爺ちゃん、
  才能もなく世間体も気にしない
   ホームレスにも平気で声掛ける
    だから心はいつも天国
  (妻の嫌味に耐えて練達を生むし)
 

あ モひとつ

 投稿者:キリストの召使いヨナ爺  投稿日:2020年 9月22日(火)08時14分23秒
返信・引用
  最終的に
神に栄光を帰せぬ祈りは聞かれまへぬ。
自分の栄光を求める祈りなら、この世の支配者を自認する悪魔サタンに頼めばある程度は叶えられますが、代償は地獄の永住でっせ。そこは針のムシロの日々でっせ。 あたしゃ、生きながら針ムシロに座らせられる老人を何人も存じ上げておりますが、そりゃもう不憫ッ!

いつであったか、猿捕獲用固定壺の説明をさせて戴きやしたが、猿は壺に手を入れ餌を掴みます。掴んだままでは手が抜けない…、棍棒を持った人間が近づいても餌を離さない…、僅かな慾と命、どっちが大事だッ!
 針ムシロの爺さん婆さん
  慾餌を掴んだまま
   離さない…
右手が壺から抜けないのに、左手を伸ばして「もっとくれ」と要求する。
食後すぐに「めしはまだか」と催促したり…
 

祈り求める

 投稿者:キリストの召使いヨナ爺  投稿日:2020年 9月22日(火)07時50分4秒
返信・引用
  【祈り求めるものはすべて既に得られたと信じなさい
 そうすれな そのとおりになる】マルコ11:24

得る時までの道のりを想像できるなら、その道を歯を食いしばって歩きさえすれば、ほぼ確実に得た状態に到達できる(例えば この連休 物置小屋の屋根を張り替え 中を改築=3年考え3日で完成)。問題は得る時までの道のりを想像できない場合であって、このままでは断崖絶壁を落ちるしかないという危機的状況での祈り。
《祈りに応えられなきゃ落ちて死のう》という開き直りであっても、諦めずに最後のギリギリまで食らい付き、声を嗄らし、汗と涙を流し、膝ガクガク、頭はボー、それを何日も…(私の経験では約3週間)。
 すると…
「依り頼み委ねきる」
という心境に導かれ、あれよあれよと言う間に道が開かれて行く不思議、これを体験できるんす。かつて尾竹橋総合病院の理事長(善隣キリスト教会の牧師)であった金城センセ曰く、
『あんたらはイエス様を信じていますなんて簡単に言うが
 ちっとも信じちゃいねえんだッ!(雰囲気だけ)
 祈っていますなんてアッサリ言うが
 ちっとも祈っちゃいねえんだッ!』


  たまぁにゃ本気になって祈り求めませうよ^^
 (とは言っても 祈りの霊が注がれなきゃ ムリ)
    祈りの霊=本気度
 

腰を屈め 指先でヒョイ…

 投稿者:キリストの召使いヨナ爺  投稿日:2020年 9月21日(月)06時42分44秒
返信・引用
  ゴミひとつ 主の御名により 拾うジジ   惨茶

絶対の真理、
たかがアイスクリームの包み紙ひとつであろうと、自分の名で拾うから怒りがこみ上げる。しかし、拾うのは私の意志ではなく、主の御心ゆえにと思えればこその自然体。 人が不思議に思うのは…何ゆえ善い行ないの後に不快が伴うのか?。それは、まことに小さなコトなれど善いことは神に属する分野、神の所有を自分の名で奪うからである。 ヒョイと拾える肉体すら神の所有物なのに、この世の神サタンの手柄にしてしまう。無意識に…

【主はギデオンに言われた
 「あなたの率いる民は多すぎるので ミディアン人をその手に渡すわけにはいかない  渡せば イスラエルはわたしに向かって心が驕り 自分の手で救いを勝ち取ったと言うであろう】士師記7:2

以前ご紹介した東京都江東区丸八通りに住んでいた創価学会の悪態婆さん、時々歩道のゴミ拾いをしていた。ブツブツ独り言を呟きながら…
「馬鹿どもめが こんな所へゴミを捨てやがってぇ
 どうゆう躾けをされてきた ケッ 気が知れん ッバカ!」


今朝の畑で一句、
“朝風に 育つ白菜 虫の声”
季節は寒さに向かっていきながら、わしら益々元気だもんね…
 

道・真理・いのち

 投稿者:キリストの召使いヨナ爺  投稿日:2020年 9月20日(日)07時55分28秒
返信・引用
  【イエスは言われた
 「わたしが道であり 真理であり いのちである
 わたしを通してでなければ だれひとり父のみもとに来ることはない」】ヨハネ14:6


自称キリストの召使い信濃のヨナ爺、あいつはマリファナを容認してんだよな。社会的に信用できんし青少年に悪影響を与えるから火炙りの刑に処し、見せしめとするべきではないか諸君ッ!(信仰スタイルまで白人の真似をしたがる自称日本人聖職者)
中世のヨーロッパなら少し目立つ奴に口実を設けドンドン焼き殺したから、ヨナ爺ちゃん危ねえでゴンス。熱いのは苦手ですけぇ北極の海に投げ込み凍死させてくだせえ。

>あいつはマリファナを容認してんだよな
(この駄文を読まれる警察関係者の方々
 研究資料を持っているだけですけぇ取り調べに来ても無駄)

針小棒大を好む宗教者は信者の目の塵に拘り、大切なことを疎かにする。彼らは儀式を重んじますから、「そんなやり方では見っともない(恥ずかしい)」、大いなる御方にではなく、世間の目しか気にしていない。『私の目の中にある横柱!? ナイナイ』。

細い道を通られ、狭い門を潜られたイエス様。
神の御国は、この御方によらなくては、入れまへぬ!
 

神に逆らう者の道は滅びに至る(詩編1:6)

 投稿者:キリストの召使いヨナ爺  投稿日:2020年 9月19日(土)07時47分16秒
返信・引用
  偶然と必然

「すべて起きたコトは偶然ではなく必然」
このように考える人は多く、特に老人はそう認めざるを得ない筈です。《イヤ偶然と努力の積み重ねさ》等と言う頑固爺も稀におりますが、彼には設計者(大いなる御方)への望みがない。


私が信州貧農村の住人になったのは全くの偶然で(その頃はそう思っていた)、妻と共に『とんでもない所に来てしまった』と嘆き、まだ満1歳にならない長男を見つめつつ自分らの不運を呪いました。

初めは埼玉県三郷市にあった中古屋を購入しようと迷い(当時1600万円)、近くに川が流れていたので鯉や鯰を釣って長閑に暮らそうと考えていたのですが、何故か信州松本市に住む老いた親が気になる。 同市に住む兄夫婦が同居して面倒を診るとばっかり思っていたのに、さっぱりその気がなさそう…
《親を放っておいていいのか!?》
私の欠点=何事も周囲と話し合わずに即決する。
親にも兄にも相談せずに“親元へ帰って孝行しよう”と、三郷市から急ハンドルを切るかのように松本市に決めたのです。仕事を辞め、引っ越しの準備を始めました。それを察した兄夫婦は脱兎の如く実家の親元へ移り住み、私の行き場が消えてしまったんす。

急遽、松本市に居る悪友に電話をし、「住む場所と仕事先を探しておいてくれ」と頼み、その結果が松本市の隣村ヒンノウムラ! 何も無い荒野のような所で、私たちは茫然と空を見上げます。

あのときは“神さまの御計画”なんて気づける筈もなく、ただ悔しさと情けなさの日々、泥んこの中を這いずり地獄の天婦羅。世の中の人は皆さん苦しんでいらっしゃるでしょうが、私もそれなりに辛苦を舐めさせられまひた。 こうして過去を振り返るとゾッと身震いし、あの場所には絶対に戻りたくないと両手を固く握るんす。(母ちゃん ついて来てくれて ありあと… 苦労掛けっ放しでスマン)

私が47歳(ヨナ歳)のとき、イエス様は御自身の召使いとして鍛えるため、私を再度東京へ単身赴かせ、そこで更に踏みつけられて休日のゴミ拾いへと導かれます。意味が分からぬまま18年もでっせ…
 その間、
信州ヒンノウムラでは、私のために迎え入れる準備がされていた…
荒野であった私の家近くに住居が立ち並び、大型店舗が幾つも建ち、現在私が働く施設が造られ、その中に役場の福祉課とデイサービスとシルバー人材センター貧農支部が置かれ、村バスが走っている…
 そこでキリストの召使いヨナ爺が活かされておるんす。

  これを偶然なんて思えまふか?
 

神の国はあなたがたの間にある

 投稿者:キリストの召使いヨナ爺  投稿日:2020年 9月18日(金)07時51分10秒
返信・引用
  ルカ17章21節に記されてありますが、
ということは…
「地獄はあなたがたの間にある」

死んでから天国に行ったり地獄に行ったりするのではなく、今 現在 既に天国に住む人と地獄に住む人が分けられているみたいで、「今は地獄暮らしだけれど死んでから天国に住めるんだーい」ではないんすよ。
(な~んて書くと四方八方から石を投げられそっ)

『借金だらけの貧しい暮らし 身体には障碍を抱え歩くのもやっと 死後は新しい身体を戴ける望みを抱いて今を生きているのに この暮らしのどこが天国と言えるのだッ』。いえいえ、暮らしや障碍に関するコトではなく、霊魂(心の世界)を言うとるんす。勿論いずれ復活体を戴けるでしょうが、今は天国人として障害物競争を楽しめるか、地獄人としてそれを嘆き悲しむのみなのか、二者択一なんす。

地獄人の場合、
【そこには 彼らを食う蛆は尽きることがなく
 火は消えることがありません】マルコ9:48

天国人の場合、
【いつも喜び
  絶えず祈り
   すべてに感謝】1テサロニケ5:16

《あの人は地獄暮らしの日々だなぁ》と思える人、けっこう大勢おります。経済的には豊かに見えるのですが、障碍の旦那を抱える婆さん悲痛な叫びバスの中、「鬼嫁に『風呂は汚すから入るな 電気は節約しろ 孫の面倒をみろ アレしろコレしろ』と言われ続け 私は身の置き場所もないのよ 宝くじが当たったら直ぐ出て行けるのにね」

この世の神サタン信仰からキリスト信仰へ替え、
地獄から天国へ移り住み、生ける主に日々従うなら
 心は軽くなりますのにねぇ…
 

羊は飼い主の声を聞き分ける(ヨハネ10)

 投稿者:キリストの召使いヨナ爺  投稿日:2020年 9月17日(木)06時52分5秒
返信・引用
  《声》

声を聞き分ける能力は羊に限らず他の動物にも共通すると思われるが、羊の場合は視力も嗅覚も弱いらしく、敵と闘う武器も持たない。それゆえ聴覚に頼り、主人以外の声は警戒する(言うことを聞かない=10:8)。

はぐれさん「心はいつもホームレス」に於いて私の小学生時代の写真を掃除して下さったが、両隣りに映っている女の子「えいちゃん遊ぼっ」この声を今でも思い出せるし、仕事帰り 家の教会(我が家)にオルガンを練習に来ていた容子先生の「えいじさん『勉強は!?』って言いたくなる^^」、あるいは父親の怒鳴り声、諸々の声声声、スイッチを入れるとテープレコーダーのように響いて来る。

だが、私の飼い主イエス様のお声は外側からではなく内側から心臓の高鳴りのように聞こえ、不本意ながらも従わざるを得ない心境であった。霊と肉の闘い、これってけっこう凄まじく、口では聖書を熱心に語りながらも、心は女の子のお尻ばかり追い掛け回す。《嗚呼 私は何と惨めな…》

還暦を過ぎ、古希も過ぎ、
生殖器は…
 うなだれたままピクリとも致しません。
頑なな心が打ち砕かれて、清らかに?させられつつある今、
素直な心でキリストの召使いをさせて戴いておりやす。
 すべてのことに“時があり”ですなぁ…
 

神さまの描いたシナリオを演じる…

 投稿者:キリストの召使いヨナ爺  投稿日:2020年 9月16日(水)07時06分15秒
返信・引用
  テレビドラマで役者の演技を観ていると、
《上手いなぁ いい味を出している》堪能
このように感服することが多い。
だが、その同じ役者が別のテレドラに出演して、監督の指示を仰ぎつつ台本とおりに演じても
《つまんねえ田舎芝居をしていやがる
 けっ アホらしくて観ていられねえ》
それでチャンネルを切り替えてしまう…
役者はいくら忠実に仕事をこなしていても、作られたシナリオ・指導する監督・背景を造る小道具係、これらが青臭ければ(いかにも嘘っぽければ)、観客は見るに堪えなくなるのだ。金(犠牲)を払ったからにゃ、名作を手に汗を握って食い入るように観たいもんじゃん。違う?


歴史上に現れた全ての人類(自分を含む)が
神さまの創る壮大なドラマの役者であったとしたら、
初めにシナリオが完成しており、役者である我らがそれを演じさせられることになる。王の役もあれば乞食の役もあろうし、苦しむ病人役もあれば楽しむ健常者の役もある。「監督ッ オラこんな役はヤです 美青年が美女に恋する役に替えて欲しい!」なぁんて愚痴ったりすると、使えない役者だッとなって、クビになる。

もしそうであったなら…
「俺の人生は芝居だったのか!?
 するってぇとキリストの十字架も芝居なのか!!!
 冗談じゃねえぞ バカにするのも大概にしろぃ」
  と
怒り狂って出て行く人が続出するかもしれない…
出て行くって? どこへ行くの。
所詮は役者として造られ、血を流しつつ命懸けで演じるべき存在、それを放棄したら消えるしかないっしょ。神ご自身が大いなる痛みを伴って死なれたほどの大芝居、我らも与えられた役柄を忠実に演じるべきなのでは!? 「この世に見捨てられた役?」上等だ、やり抜いて御覧にいれまひょ。莫大な報酬が期待できるしぃ…

葬儀屋の役を演じる人、見たことありますか? いくらサービス業と云えども御遺族の前でニコニコ笑って案内すれば失格、監督に罵声を浴びせられます。行楽地で悲しそうに料理を出す女給さん、これも罵声の対象。

「俺の脚本は俺が作ってんだッ!」と息巻く先ほどの御仁、
人生を振り返り、《思い通りにいかなかったが 結局 予期せぬこの道が最善だった》と、必ず思う筈。つまり、神の描いたシナリオとおりに来れたのが一番だったということで、逆らって我欲を張った時が辛くて惨めであった。 あのY字路を右に来たが、もし左へ行ったら別の人生があったと考える人よ、胸に手を当て正直に見つめてみなさい。あの時の、あなたの状況と実力では、右にしか行けなかった。それが、神のシナリオ、逆らっちゃ生きられまへぬ。

とんだ道草だったと悔やむ人よ、アンタは
いつも神のシナリオに逆らっていた。その都度、痛い目に遭い…
所々に標識(目印)があったじゃないか。
公義を行ない、弱者に手を差し伸べる。
この道を拒んだからだよ。
 

レンタル掲示板
/171