teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(314)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:56/8500 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

その後

 投稿者:キリストの召使いヨナ爺  投稿日:2020年 9月 9日(水)06時37分55秒
  通報 返信・引用
  イエス御自身も 東から西まで 彼らを通し
永遠の救いに関する聖なる朽ちることのない福音を広められた(マルコ追加分)

マルコ16章の最後に記されてあるが、なぜ追加したのか…?
弟子たちは福音を熱心に伝えていたつもりでいても、あるいは殉教せざるを得ないほど激しい働きであったとしても、振り返って冷静に過去を見つめるならば、所詮は人間…備えられていた道を歩いて来ただけ。 あの時も、あの時も、そしてあの時も、確かに主は共におられ、御業をなされたではないか。


私は50代の頃までは《自分の力でやってきた》と思い込んでいたので、何かをしたとしても心の片隅に《俺が…》という恩着せがましさがあり、それが醜い塊のようであった。その醜塊が、還暦という一つのゴールに辿り着くともうヘトヘトで、醜悪ジジイ自力で動けなくなり、死ぬのを待つばかり…

二十代の後半に《神を求めて死のう》と決意し、岡田(松本市)の少年刑務所、その裏山に登ったときに開かれたお言葉。

【主は主の御声に聞き従うことほどに
 全焼のいけにえや その他のいけにえを
 喜ばれるだろうか
 見よ 聞き従うことは いけにえにまさり
 耳を傾けることは 雄羊の脂肪にまさる】1サムエル15:22

あのときは、肉の力で聞き従ったつもり…
だが、還暦を迎えると、もう肉の力すらない。
誰に何を聞き従うのか…
私の場合、妻の命令でした。
「パソコンを覚えなさい」
「はい」
「この界隈だけでなく スカイパークに行って歩こう!
 サラダ街道ウォーキング大会に参加しよっ!」
「…はい」
死んだ兄の命令(その頃は生きていた)。
「廃人にならぬよう シルバー人材センターに加入し 働けッ!」
「はい」
シルバー担当者の命令(この人は現在 村会議員)
「デイサービスの送迎運転手をやって頂戴!」
「はい」
またもや
「村バスの運転をやって頂戴」
「はい」
「70歳までね」
「はい」
70歳を過ぎると
「75歳までに変更」
「はい」
75歳を過ぎると
「78歳までに変更」
「はい」

その間もキリストの召使いという認識がありましたので、巷のゴミ拾いと草むしりセッセと。60歳から今日までの約16年間、イエス様は妻を通し兄を通し担当者を通し諸人を通して私に伴い、不思議な御業を現わしてくださっていると認めざるを得ませぬ。


 っちゅうワケで、
  健康を支えてくださる主に感謝し、
   本日もバス仕事に行くんでやんす^^
 
 
》記事一覧表示

新着順:56/8500 《前のページ | 次のページ》
/8500