teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(314)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:30/8500 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

金持ちが天の国に入るのは難しい

 投稿者:キリストの召使いヨナ爺  投稿日:2020年 9月29日(火)07時07分55秒
  通報 返信・引用
  【重ねて言うが
 金持ちが天の国に入るよりも
 らくだが針の穴を通る方がまだ易しい】マタイ19:24

富(金銭 才能 美貌 欲望)への執着心は強力接着剤のように張り付き、渾身の力を振り絞っても離れない。らくだが針の穴を通る…つまり不可能であるゆえ、「神には何でもできる」己を捧げきって神に委ねるしかない。植木職人は他人様の庭を綺麗にしたら、道具を片付け、貧しい我が家に帰る。いくら執着して仕事をしても、その庭は自分の所有になるワケではなく、僅かな日当を貰い「アンタの仕事は気に入った 達者で生きていたなら来年また来てくれ」とか言われ、「ありがとうごぜえます」と礼を言いつつ立ち去る。 だが、自分自身の問題になるとケチで貪欲、神に捧げるなんて以ての外、1円たりとも握って離さない。
『まさか!? あたしゃ神社の賽銭箱に500円も放り投げたよ』
それで家内安全商売繁盛が約束されるなら、たかが500円、お安いもんさ。

キリストの召使いヨナ爺だって天からの見返りを求めて奉仕している部分があるんすが、たとい見返りが無くても神に栄光を帰せたなら大満足(この満足が見返りかもしれまへぬ)。健康が支えられ、事故もなく、日々平凡に暮らせる恵み、これだけで有難てぇことでごぜえますだよ。

親の無償の愛っつたって、自分が老いて動けなくなったら子に面倒を診て貰いたいという打算付き、これを隠して可愛い可愛いと言うんすから、人間は如何なる行為にも必ず見返りを求める生き物なんすなぁ。

“涼む秋しみじみ見つむ針の穴” 惨茶

こんな私ですけぇ
神の憐みに寄り縋り
今日と明日、村バス運転してきます。 チャオ
 
 
》記事一覧表示

新着順:30/8500 《前のページ | 次のページ》
/8500